銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2008年3号感想
来週は火曜発売だそうです。

・・・・・・・・・・・MUDDY・・・・・・・・・・・
新連載第3弾。
金未来杯の読切を連載用に手直ししたものですね。

そもそも “キメラ” とはなんなのか、という説明があった方がよかったのでは。
一応扉ページには 「キメラ(合成動物)」 と書いてあるんですが、
これだけじゃ分かりづらくないですか。
それとも、ゲームなんかに出てくるからみんな知ってるのかな?

クレイの、ルパン体型+シャツ+ネクタイ+グローブ
という組み合わせは大変よろしい。

表紙には “奇想天外変幻自在の成長ファンタジー!” とありますが、
これから先の展開が見えてこない…。
クレイとマディのほのぼのコメディってな感じになるんでしょうかね?

・・・・・・・・・・・PSYREN・・・・・・・・・・・
門(ゲート)の場所や5億の懸賞金よりも、
食糧はどうするつもりだこの人たち。

アゲハはサイレン塔のマークの意味が分からなかったのに、
なんで6人組が真上の方向に歩いていったと分かったのかが謎。
この地図の上側が北の方角とは限らないし、そもそもコンパスもないし、
どうやって進むんだろ。警報が聞こえた方角を頼りにするのかな。
私が何か読み飛ばしてるんだろうか。

「…教えてあ―――…げ… ないッ…!!」
雨宮さん怖い! 大分情緒不安定みたいです…。
それだけ辛い思いをしてきたんでしょう。

・・・・・・・ぼくのわたしの勇者学・・・・・・・
ゲームネタ多いな~。

「子どもにムチャ言うな 村―――――――!!」
ホントそうだよね。
ゲームや漫画の主人公は10代で人類の命運背負ったりしてて大変だ。

・・・・・・・・・・・K.O.SEN・・・・・・・・・・・
キックボクシングって打倒ムエタイを目標に日本で生まれたものなんですか!?
格闘技に関してはとんと無知なもので、全然知りませんでした。

“勘違いイケメン” “幼馴染みの男女”
なんとなく懐かしい設定な気がする。

・・・初恋限定。―ハツコイリミテッド―・・・
・催眠効果のあるオヤジギャグを繰り出す楠田くん
・飴玉を口に入れられて恋に落ちた山本さん
・海パン一丁で校内を走り回る武居先輩
・お面をつけた楠田を本物の兄と勘違いして追いかける今宵

などといった、この作品のムチャクチャさについていけなかった自分ですが、
サンタさん卒倒 → 財津弟のレスキュー魂炸裂 → 楠田と江ノ本2人っきり
には笑った。都合よすぎ(笑) 

・・・・・・・魔人探偵脳噛ネウロ・・・・・・・
おかえりいつものネウロ。そしてさらばDR。
でもさすがに拷問長すぎてDRがちょっとかわいそう。

・・・・・・・・・SKET DANCE・・・・・・・・・
人情モノがおっそろしくベタなのは師匠譲りか。
道徳の教科書か児童書にありそうなストーリーでしたけど、悪くなかったです。
クラスメイトのことをちゃんと見てて、みんなイイ人だなあ。

2年C組No.1コンテストの結果は―
スイッチまさかの二冠。
ミスターオタクはともかく、人気者!?
イヤそれよりなんだそのポーズは!(笑)
フィーバーしてないでボッスンを慰めてあげてください。

ボッスンの生気の抜けた顔が哀れ…。
集中力No.1とか絵が上手い人No.1とかあったら
きっと選ばれてたよ! 元気出して!
でもスケット団の活動がもっと評価されててもよさそうなものだけど。
リーダーシップがあるとか、困っている人を放っておけない人として
認知されてるわけじゃないのかボッスンは。
それとも認知されてはいるけど、そういう賞がなかったのか。

・・・・・・・・・・サムライうさぎ・・・・・・・・・・
風間は自己流合気道で敵を蹴散らし、
穂波はクイズを出題しつつ相手を丸裸に。
そして伍助師範は… フツウだー!
もっと面白い倒し方を期待してたのに。つまらん…。

摂津殿は力持ち。
この特技がうさぎ道場に戻る理由になるのかな。
それにしても色男と怪力って珍しい組み合わせじゃないですか?

「ああ 知ってるよ」
摂津殿ォォー!
てんどん?みたいなのもキレイに決まって、後は道場に戻るだけですね!

・・・・・・・・・・・To LOVEる・・・・・・・・・・・
沙姫様、正義感強いんですね。いい子じゃないですか。

「私に何か用でしょうか?」
このザスティンにときめいた。なんか知らんがときめいた。
ものすごくどうってことないセリフなのに。
紳士的な態度が私の心を揺さぶったんだろうか…?
最後の 「や… 私は何も見ていませんので」 ってのも良かったです。
ザスティンのためにとらぶるの単行本を読んでみてもいいかもしれない。

私、ザスティンの髪の毛は腰のあたりまであると思い込んでたんですが、
肩ぐらいの長さなんですね。何だったんだろう、この思い込み。

巻末コメント
村田先生 : 今年は割と楽に年を越せるのかと思いきや
        今になって年内の仕事がドッと。OBNS
OBNS=おそるべしねんまつしんこう (恐るべし年末進行)
…だから、もうちょっとどうにかならないんですか(笑)

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。