銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2008年11号感想
『DEATH NOTE』 の読切が載ってること、
扉絵を見るまですっかり忘れてました。

・・・・・・・・・SKET DANCE・・・・・・・・・
椿は空手と柔道の有段者。
これまでにも人や物を殴っているシーンがありましたが、
それでも私の中では椿は文化系のイメージだったので、
今回みたいにTシャツ姿で活発なアクションを見せるのが意外でした。

集中力が切れて、どうなる次週!?
という引きなので、ここは素直に振蔵が勝利を収めるのかな?

・・・・・・・魔人探偵脳噛ネウロ・・・・・・・
弥子ちゃんの好物は自分チョコ。そーかそーきたか。

吾代さんの部屋にチョコを投げ入れて、
そーっと様子を窺う弥子ちゃんが可愛かった!

神々しくも切なそうな表情の筑紫さんや、スリムになった浅田センパイ、
エキサイティングする弥子ちゃんに冷めた視線を投げかける小学生など、
小ネタが効いてました。
あの小学生の男の子が再登場するとは思わなかった。
なんかファンになりそう。

魔人ネウロと人間の奇妙な共生関係について。
バレンタインの閑話休題的な話の中に重要なモノローグが織り交ぜてあります。
「人間のため」 だとか 「世界平和のため」 でなく、
自分本位な理由で人間を護る立場のネウロが清々しく、頼もしい。

最後は…おおう!?
弥子ちゃんから魔人様へチョコのプレゼント!
予想外にラブコメな雰囲気に不意打ちくらいました…。
包装紙が 『謎』 の詰まった資料とは、粋なことしますねー。

オチは弥子ママ。
会社のみなさんに配ろうとしてたのね…。

           特別読切
・・・・・・・・・DEATH NOTE・・・・・・・・・

本編は第2部の途中で読むのをやめてそれっきりです。
テーマがテーマなので善悪論や死生観等について
いろいろと考えをめぐらせた人もいるかと思いますが、
私は単純にサスペンスを楽しんでました。
私はどっちかっていうと月派です。
月の方が追われる側で断然不利な立場にあったので
応援してあげたくなったんですよね。

「正義心ではありません」
正義心って聞きなれない言い方ですが、正義感とは違うんでしょうか。

探偵役は正義正義と声高に叫ぶタイプよりも、
好奇心で動くタイプの方が好感持てます。

映画公開に合わせて、キラとLの株を上げるお話でした。
最後のリュークのモノローグのあたり、もう少し余韻がほしかった。

・・・・・・・・・・・・PSYREN・・・・・・・・・・・・
日常パートのアゲハと朝河にものすごくなごみました。
未来の世界は殺伐としてるもんなー。
1回1回現代に戻ってくるっていうのもいいですね。

・・・・・・・ぼくのわたしの勇者学・・・・・・・
面白かった! けど感想書きづらい…。
ここしばらく安定して面白いですよ、麻生先生。
オチのまさ子は予想外でした。
まさゆきが河野に思いを寄せているっていうのでもよかったと思いますけど、
まさ子を使いたいって言われてましたもんね。

今回に限ったことじゃないんですが、
一人称や呼び名、口調なんかがバラバラなのが気になります。
たとえば今週の話だと、河野が杖のことを
「魔道市」 と呼ぶコマがあれば 「杖」 と呼ぶコマもあります。
統一してもらえるといいんですが…。

        
コメント

管理人にのみ表示

( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
実は勇者学が大好きな私。
感想を書かれてたので、つい反応してしまいました。

今回はバレンタインネタでしたが、前回、新たなキャラ「賢者(しかし限りなく武道家に近いw)」が登場したことで、勇者(鋼野)との絡みや盾やらとの絡みがうまく回っていってくれればなあーっと期待しつつ読んでます。

なにがどうって説明できないけど、読んだ時からなんか惹かれたんですよねー勇者学。
これからの展開に期待したい!と思う作品です^^
tom | URL | 2008/02/13/Wed 00:39 [EDIT]
tomさんへ
勇者学は私も好きで読んでるんですけど、感想書きづらいんですよ~。
「ギャグ漫画の感想は書きづらい」 ってこういうことなんだなー、と。

>勇者(鋼野)との絡みや盾やらとの絡みがうまく回っていってくれればなあーっと
>期待しつつ読んでます。

今週は賢者出てきませんでしたね。
槍崎先生が出てくると、鋼野先生が、
対河野の時とはまた違った雰囲気でいい感じです♪
(普段の鋼野先生は教師なのに傍若無人すぎてちょっとなぁ…(´ヘ`;) 
と思わされることが多いです。)
勇者と賢者の大人げない対決が見たい!

そういえば、単行本の3巻で河野のファッションショーやってました!
河野のファッションは、もうダサいとかいう次元じゃなくて、
アレはアレでセンスがあるのかも…? って気がします(笑)
エンゼルパイ | URL | 2008/02/13/Wed 01:46 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

【WJ】11号 (2/9発売)
ヽ(ω・ヽ)ジャンプ 11号 感想でーっす(ノ・ω)ノ♪ 銀 魂獣じゃない・・・ケダモノ銀ちゃん(`▼´)キターーーーーー!!!あーなんて素敵な顔! なんて素敵な表情! なんて素敵なその微笑み(←微笑みか?w)生霊になって銀ちゃんを助けようとする3人、いいっす...  [続きを読む]
TOM\'s Garden 2008/02/13/Wed 00:40
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。