銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2008年12号感想
勇者学が5度目の一挙二話掲載。

・・・・・・・魔人探偵脳噛ネウロ・・・・・・・
殺助事件を見せなかったのは上手いと思いました。
見ることができなかったので、「気になる! 見せてほしい!」 と思うけど、
読者もこれまでにいろんな犯人を見てきてるので
実際に描写されたとしても、そうインパクトはないだろうという気がします。
先週の筑紫さんの表情もだけど、
松井先生は読者の思考の把握が的確だし、見せ方が上手。

(略)の嵐にウケました。
見せちゃいけないところを(略)で隠してるけど、
パンツはいてるっぽいから下半身の(略)は不要では。

テラが能力発動したとき、埋める作業をしている人たちがいるけど、
あれは工事現場で働く人たちがテラに操られてるってこと?
人力ってなんかダサいんですが。
あと、各所で言われているように、シックスの手先たちの能力は
五行思想に基づいているものなんでしょうか。
五行だとか四神だとか、そういうフィクションの世界で使い古された
モチーフを使うのって松井先生らしくないような…。あえて使ってるのかな。

葛西のかっこよさが増しています。
頭も切れるし、立ち回りが上手そうだし、
どんな分野でも器用に渡っていけそうなのに
なんでシックスの元で世界制服ごっこめいたことをしてるんだろうこの人は。

・・・・・・・ぼくのわたしの勇者学・・・・・・・
1話目 ヤユミダークサイド
委員長のあんな一面を見てもまだ彼女のことを想い続ける河野はエライ。
ケンカのときやピンチに陥ったとき、
それにイライラさせられる場面に出くわしたときには本性が出ると言いますが、
スポーツの勝負のときにも本性って出ますね。

2話目 風邪予防に手洗いうがいを心がけよう
槍崎先生ってじいさん口調というか、老師口調というか、
こんなしゃべり方する人だったっけ。

なんだかんだでみんなお見舞いに来てくれてるじゃない。
風邪で声が出なかったせいで、河野のツッコミ欲が急上昇した模様。
いつかのフーミンみたいだ。

・・・・・・・・・・サムライうさぎ・・・・・・・・・・
ほのぼのとした作風のおかげで忘れそうになるけど、
伍助は “天下一の道場をつくる” っていう、壮大な目標を持ってるんでした。
修行が終わったら、志乃ちゃんとの仲睦まじいシーンを見せてください。

・・・・・・・・・SKET DANCE・・・・・・・・・
振蔵勝利!
これまでヘタレキャラ扱いだった振蔵もこれで面目躍如。

ここまで、スケット団チームは1勝1敗。
4回戦までで2勝2敗の同点にもつれ込んで大将戦に賭けるのか、
それとも3回戦、4回戦ともに勝って3勝1敗でスケット団チームの勝利が決まり、
ボッスンは活躍できないまま終わるのか。

3回戦はスイッチ vs デージーの眼鏡っ子対決。
最後のコマのスイッチがやたらカッコイイ。
それにしてもシューティング勝負の間、スイッチはどうやってしゃべるんだろ。
パソコン首から下げたまま戦うの?

・・・・・・・・・・・・PSYREN・・・・・・・・・・・・
雨宮さんがよく分からない…。
この情緒不安定で躁鬱気質なキャラクターにどうもついていけません。
“普段はクールでおとなしい性格だけど、
 大好きなピアノを前にすると大はしゃぎする可愛らしい一面もある”
こういう風に捉えればそんなに変なキャラってわけでもない、かな。

カードの裏側にはサイレンに関する情報が隠されていた。
1番最後の文より、その1つ前の
・サイレンドリフトは死して灰となる運命
これの方が気になります。

ここまでを振り返ってみれば、やっぱりもう少し早い段階で、
雨宮さんやマツリ先生みたいなサイレンについての
先輩にあたる立場の人からの説明があった方がよかった気が。

・・・・・・・・・・・・MUDDY・・・・・・・・・・・・
この作品、マディの成長を通してクレイ自身も成長していく、
っていうストーリーなんだろうと思ってたんですが、
どうも迷走しているというか、作品自体がぼんやりした印象。
“ここを読者に見せたい!” “これがこの作品の主題です!”
というのが私には見えてこないです。

・・・初恋限定。―ハツコイリミテッド―・・・
山本さんて、有原兄に口に飴玉を投げ込まれて、
それがきっかけで彼を好きになったんですよね。
そりゃ、ああいうことがきっかけで意識してしまうこともあるだろうし、
好きになった理由なんて上手く説明できないものだろうけど、
でも漫画で描くんならなぜ好きになったのかを読者に対して説明してもらわないと、
と思ってたんですが、本人にもよく分かってなかったんですね。そういうことなら納得。
でも、“なぜ有原兄のことを好きなのか、本人にもよく分かっていないらしい”
という情報を何らかの形でもっと早くに与えてほしかったです。
それが分からないせいで、ずっと山本さんというキャラに親しめなかったので。

巻末コメント
松井先生 : チョコパイ喰いすぎて何時間か行動不能に陥りました。
        恐るべし…血糖値上昇…
チョコパイ食べるからそういうことになるんですよ、もう~。
しょうがない松井先生だなぁ。
どうせ食べるならエンゼルパイ食べなさい。ね?

西先生 : 毎年この時期になると予備校の講師時代を思い出します。
      石膏像やたら重かったなぁ…
へぇぇぇ~。美術系の専門学校の講師をされてたってことでしょうか?
ムヒョは独特な絵柄でパッと見、上手とか美麗ってタイプの画じゃないけど、
やっぱりデッサン力はあるんですねぇ。

        
コメント

管理人にのみ表示

勇者学♪
またしても嬉しい2本立てでした。

どんな姿を見ても変わらぬ心を持つ盾くんは、確かに凄いなと思いました。
「普段はやさしい。。」と繰り返し自分に暗示をかけてましたけどw

槍崎賢者の口調は私も気になりましたw
賢者っぽいキャラつけをし始めたのか?とか(今からかよーw)。

MADDYは、最初、あんまり面白くないなーと読み飛ばしたりしてましたが
最近、何かに惹かれる感じで読むようになりました。
今になって、最初ってどうだっけ?と気になり、読み返したりして。
(年末にジャンプ捨てなくてよかったw)

チョコパイ恐るべしですね。
やっぱりエンゼルパイですよね!
tom | URL | 2008/02/20/Wed 00:21 [EDIT]
tomさんへ
河野はなかなか見所のある男の子ですね。
委員長のあんな姿を見ても恋心が冷めないとは…(笑)
自己暗示で乗り切ろうとしているところに涙。

>槍崎賢者の口調は私も気になりましたw
>賢者っぽいキャラつけをし始めたのか?とか(今からかよーw)。

麻生先生、キャラの口調とかの設定をあんまりきっちり決めないうちに
漫画に登場させちゃってるのかもしれないですね。
先週、「キャラの口調なんかがバラバラなのが気になる」 って
感想で言ったばっかりだったから余計に気になりました。
でも私、年の若いキャラのじいさん口調ってけっこう好きですwww

マディはあのほのぼのした感じがわりと好きなんですけど、
いまいち何がしたいのかよく分からない漫画です…。
始まったばっかりでこんなこと言うのは早すぎるのかもしれないですが…。
私の部屋には、今、低めのジャンプタワーが二層できてるんですよ~。
早くなんとかしないとなぁ。

>チョコパイ恐るべしですね。
>やっぱりエンゼルパイですよね!

ハイそのとーりっ!(笑)
別にお菓子のエンゼルパイが好きでつけたHNじゃないんですけど、
自分の名前にしたらだんだん愛着が湧いてきました。
おやつはやっぱりエンゼルパイです!
エンゼルパイ | URL | 2008/02/20/Wed 18:35 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

【WJ】12号 (2/18発売)
ヽ(ω・ヽ)ジャンプ 12号 感想でーっす(ノ・ω)ノ♪ テニプリ出たーリョーマの天衣無縫の極み!それよりも、私は「入院してた頃の薄幸の美少年幸村さんと今の悪魔の神の子幸村さんが全然違うんですけどー!」っていうのが気になってしゃーないんですw怖いよぉ~幸村さ...  [続きを読む]
TOM\'s Garden 2008/02/20/Wed 00:11
週刊少年ジャンプ12号☆糖分は正義
『LchangetheWorLd』観て来ました!!楽しい映画でした!!感想はこちら☆私は娯楽大作賛成です!!気分転換に観に行くのにどーして他人の不幸や恋愛を見なくちゃいけないんだ( ゚д゚)「母べえ」を観て「苦労してるのにエライ」みたいな事を言える人は、上からの視線で...  [続きを読む]
帰ってきた二次元に愛をこめて☆ 2008/02/21/Thu 14:02
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。