銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2008年17号感想
『ダブルアーツ』 が新連載。

・・・・・・・・・・ダブルアーツ・・・・・・・・・・
とても読みやすく、面白かったです。
少年と少女が出会って世界を救う―。
という王道を走りつつ、その王道から少しだけ逸らす、
そのさじ加減が上手くできてる作品だと思いました。

もう少しエルレインとキリの描き分けをしてほしいですね。
2人とも男の子に見えたので。

・・・・・・・・・・ONE PIECE・・・・・・・・・・
ブルックさん、水上を走ってるけど、どうやってるんですか。
悪魔の実の能力者なのに。
別に能力者なくても不可能ですよね。
右足が沈む前に左足を出しているというわけですか。

・・・・・・・・魔人探偵脳噛ネウロ・・・・・・・・
「我が輩はしばらく休む必要がある!!
  貴様等人間が自分の身を守るのだ!!」
来週からは警察側の動きを見せる展開?
笹塚さんに見られちゃったけど、どうなるんだろう。
ネウロは人間の味方と思って差し支えないので、協力を依頼するとか。
でもそういうのって笹塚さんらしくない気がするので、黙ってその場を去るのかも。
それよりもなによりも久々に大ゴマで登場なさった笹塚さんに動揺しました。
スーツって…、いいよね!

・・・・・・・・・ぬらりひょんの孫・・・・・・・・・
3話目にして早くも覚醒。覚醒シーンは華があっていいですね。
出し惜しみしているうちに掲載順がヤバイことになったら
元も子もないですから、これぐらい早く覚醒してもいいのかもしれません。
各エピソードのクライマックスシーンで、毎回覚醒するってことでしょうか。

読み返してみて、改めてその画力の高さに感心しました。
覚醒時のリクオの髪は、ずっと真横にたなびいてるのか。
下ろしてもよくないですか?

ストーリーがどういう方向に向かうのか分かりません。
人間に危害を加えて楽しむだけで、人間から畏れられることのない
だらしのない妖怪どもを懲らしめて従えていき、
人間から畏れられる真の妖怪を目指すストーリー?

・・・・・・・・・SKET DANCE・・・・・・・・・
めんどくせー! 読む気失せたよ篠原先生…。
そういえばカードは全部で21枚しかないんでしたね。
ボッスンの記憶力を持ってすれば、
全カードの位置を把握することも不可能ではない、と。
確かにそういう方法しかないのかもしれないけど、
なんだか垢抜けない攻略法だなー。

安形がボッスンの内面をえぐるようなことを言ってきたので、
そろそろボッスン、スイッチ、ヒメコの過去や
スケット団結成秘話が語られて、クライマックス! になるんでしょうか。
それはさすがに気が早すぎかな。

安形が負けたら生徒会長を辞任するという約束でしたが、
スケット団側にメリットないような。
それに安形は特に生徒会長の座に執着してなさそうだし、
別に辞めたってかまわないと思ってるんじゃ。

・・・・・・・HUNTER×HUNTER・・・・・・・
いや~、面白い!!
作中の時間はほとんど経過していないけど、話が大きく動きました。
ゴンとキルアはどういう判断を下すのか、来週も目が離せません。

ピトーが王に対してこんなにも強い忠誠心を持っていたことに驚いた。
コムギに対する慈愛あふれる振る舞いに、ピトーも感じ入ったんですね。
王もピトーもどんどん人間くさくなっていってるな。

そもそも、キメラアントは自分たちが生きるために栄養価の高い
人間を捕食していて、それが人間たちにとっては脅威だというだけで、
ゴン=善、キメラアント=悪 というわけではないんですよね。
普通だったら主人公が敵を倒して終わりだけど、
これはどういう方向に転ぶのか、予測がつかない。
コムギは無関係な人間なので、コムギの治療を待ってから
カイトを元に戻してもらうのがベストでしょうか?
元に戻せるのかどうか分からないけど。
回復したコムギを人質にとって、王やピトーに
こちら側の条件を飲ませるという方法もありますね。
人道的、倫理的にどうなのかという問題はありますが、
キメラアントの暴走を食い止めるには有効な方法じゃないかと思います。

・・・・・・・ぼくのわたしの勇者学・・・・・・・
画力はごくごく緩やかに向上してると思います。
麻生先生、がんばってください!

杖に記憶力悪男とカン良し男設定がプラスされた今回。
どうも杖のキャラがイマイチつかめない。
モテ男以外に特徴がない気がする。

思い出を美化するまさゆき。
まさゆきは髪の毛がほしかったのか!?
あの頭はわざとじゃなくて本物のハゲ!?
齢15、16にして何があったんだまさゆき…。

・・・・・・・・・・・・PSYREN・・・・・・・・・・・・
異空間に連れてこられ、頭の中に映像が浮かんで女性の声が響くという
不思議な体験は受け入れられても、今いる場所が未来の世界だっていうのは
なかなか受け入れられないものなのかな。

・・・・・・・・・・サムライうさぎ・・・・・・・・・・
流人たちが戦う理由の壮大さに読者の気持ちがついていけず、
この試合にのめり込めてないんじゃないかって気がします。
実はついていけてないのは自分なんですが。
流人たちの名前も把握してないし、最近流し読み状態です。

・・・・・・・ピューと吹く!ジャガー・・・・・・・
セネデスムスってこれか…。なんか力抜けた…。
植物プランクトンの一種だそうです。
こういうのが苦手な方は気をつけてください。

        
コメント

管理人にのみ表示

おお・・・
セネデスムスが!!
Dが特にキモイ・・・きもくてガン見してしまいました(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)
実際にあったんですねえ・・・無いものと思って探しもしなかったので
これは嬉しい情報です! ありがとうございまーっす^^

新連載、面白く読めそうな感じですよねっ。
あーでも、私も最初、この二人男の子に見えましたw

なにげに、勇者学人気は上がってきているのでしょうか?
全く信じられないのですが(←ファンが言う言葉じゃないゾーw)
次週はセンターカラーらしいですし、嬉しい限りです☆
tom | URL | 2008/03/26/Wed 00:23 [EDIT]
楽しく読ませてもらってます。
はじめまして。月方と申します。銀魂大好きです。
2週間ほど前にここを見つけて、以来感想読ませてもらってます。
一身上の都合で今海外に滞在しており、現在2ヶ月ほど過ぎましたが、ジャンプやら銀魂やらに飢えている身です(汗笑 
ここの感想や考察はジャンプを読んでいなくてもとてもわかりやすい上に、個人的にかなり共感できるので、更新を毎回楽しみにしています。
データやハンドクラフト、クッキングもある種で尊敬します(笑
本当に楽しく読ませてもらってます。これからもちょくちょく来ると思いますが、これからも更新楽しみにしてます。
では。急なコメント投稿+駄文、失礼しました。
月方 | URL | 2008/03/26/Wed 13:25 [EDIT]
tomさんへ
AとかDとか、そこまで見てませんでした(笑)
やっぱちょっときもちわるいですね…、ってきもいのにガン見って!?

『ダブルアーツ』、読みやすくて好印象です♪
やっぱり男の子2人に見えますよね!
女の子の方はまつ毛を描くとかしてほしいな~。

>次週はセンターカラーらしいですし、嬉しい限りです☆

おおっ、来週はセンターカラーですか!!
私も人気があるように思えないんですが(笑)、
(何度も一挙二話掲載できるほど筆が速く、それが代原として
重宝されてるから連載が続いているのだ、という意見も見かけました…。
でもそれだけの理由じゃないと思いたい。)
きっとなんだかんだでメインの読者にウケてるんだと思います!
がんばれ勇者学ゥゥ!
エンゼルパイ | URL | 2008/03/26/Wed 23:06 [EDIT]
月方さんへ
月方さん、はじめまして!! コメントありがとうございます~!

海外にお住まいなんですね。
銀魂に飢えていらっしゃるそうで、その心中お察しします…!(泣)
私の使用済みジャンプでよければ送ってさしあげたい衝動に駆られました。
 
>ここの感想や考察はジャンプを読んでいなくてもとてもわかりやすい上に、個人的に>かなり共感できるので、更新を毎回楽しみにしています。
>データやハンドクラフト、クッキングもある種で尊敬します(笑

ジャンプ読んでなくても分かりやすいってホントですか!?
自分ではとてもそう思えないのですが、そう言っていただけてとてもうれしいです…!
おまけに共感してくださってるそうで、涙がちょちょぎれそうですw
データやハンドクラフト、クッキングなんかは、企画はくだらなくとも
手間隙がかかってるので、楽しんでいただけているとありがたいです。

またいつでもいらしてくださいね。待ってます!
エンゼルパイ | URL | 2008/03/26/Wed 23:18 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。