銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
『聖☆おにいさん』
『本日はギャグ漫画日和!』 という記事に載せたものとほぼ同じ内容です。

仏教の開祖 ・ ブッダと、キリスト教の開祖 ・ イエスが地上に舞い降りて、
東京は立川で慎ましくも和やかな日常を送っている…、というストーリー。

ブッダとイエス、2人とも可愛いんだコレが!!
あの中性的というか少し女性的な柔らかい口調で可愛さ2割増しです。

聖人なのに庶民的な感覚を持ち合わせている2人に親近感が沸き、
聖人らしい慈愛や寛容の精神を惜しみなく発揮する2人に感心し、
聖人ならではの悩みを吐露する2人に胸がキュンとなる、そんなお話です。

100円玉が返却されないコインロッカーだということに後で気づいて落ち込む、
といった私たち一般市民が共感できるあるあるネタと、
徳の高いことを言うと後光が差したり、プールの水を気合で真っ二つに割ったり
(これはモーゼ?)みたいな、私たちのイメージの中の聖人のあるあるネタと
2つの要素が入り混じり、それが面白さと愛おしさを加速させています。

仏教やキリスト教にくわしくなくとも、専門用語の正確な意味を知らなくとも、
なんとなく雰囲気で伝わり、そして笑えます。

第1話や第2話のあたりで、ブッダとイエスが下界に降り立った経緯や
天界の成り立ちなどについての説明がなく、その後もそういった部分には
ほとんど触れられていません。それがなんだか新鮮でした。
天界の様子だとかを描いてほしいような気もするし、曖昧なままにしておくのも、
この作品の雰囲気に合ってるからそれでもいいような気もします。

ブッダとイエスが下界で仲よく暮らしているという設定のこの作品、
たぶん大多数の日本人は抵抗なく読めるだろうけど、
敬虔な仏教徒やキリスト教徒の方々、それ以外の宗教であっても
熱心な信仰者はこれを読んでどう感じるのか、気になりました。
感想聞いてみたい。

聖☆おにいさん 1聖☆おにいさん 1
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


        
コメント

管理人にのみ表示

お久しぶりです^^
エンゼルパイさん~!私も聖お兄さん読んだことあります!
二人とも可愛いですよね。浪費家なイエスと節約家なブッタが仲良く暮らしてるのが微笑ましいんですよね。
一人称がどちらも「私」な所がなんとも言えぬ良い雰囲気醸していて(笑)

友達から借りて読んだ作品でしたが、集めたくなってきました。

エンゼルパイさんは中村光さんの荒川アンダーザブリッジという作品を知ってらっしゃいますか?こちらもなかなか笑えます。時々切ない感じで…
最近平積みされているのを良く見ます。
未読でしたらお勧めですので、お暇な時に是非♪(^-^)
井江奈 きこ | URL | 2008/06/04/Wed 07:16 [EDIT]
井江菜さんへ
井江菜さん、こんばんは♪

井江菜さんも 『聖☆おにいさん』 読んだことあるんですね!
「1回読んだらもういいや、ってなるタイプの作品だな~。」 って思いながら
読み始めたのに、何度も読み返すぐらいお気に入りの漫画になりました(っ´∀`)

>二人とも可愛いですよね。浪費家なイエスと節約家なブッタが仲良く暮らしてるのが>微笑ましいんですよね。

そうなんですよぅぅぅ!
人間臭いところや仲良しなところが可愛くて微笑ましくてたまらんです。
一人称が 「私」 なところもまたいいんですよね~。

単行本は今のところ1巻までしか出てないみたいですよ。

『荒川アンダーザブリッジ』 は読んでみたいと思ってるヤツです!!
中村光さんの存在は 『聖☆おにいさん』 で知ったんですけど、
他にどんなのを描かれてるのかな、と思って調べて 『荒川~』 を描かれてる
ことを知りました。河川敷で暮らす奇妙な人たちの物語…、面白そうです☆
読みたいと思いつつ忘れかけてたので思い出させてくれてありがとうございました^ ^
エンゼルパイ | URL | 2008/06/05/Thu 01:20 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。