銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
『ストレンジ・プラス』
最近、複数の美川べるの作品の1巻だけを買って試し読みしてたんですが、
その中ですごく気に入って、2巻以降を一気買いした作品です。

主人公の恒は、数年前から行方不明の兄の巧美を探し出すため、
一人スラム街をさ迷い歩いていたところ、偶然、巧美を発見する。
再会した巧美は、美国偵事務所の所長となっており、家に帰る気はないと言う。
そこで恒は巧美を連れ帰るまでの間、自分も探偵事務所で働くことに―。

いちおうあらすじはこんな感じ。コッテコテ、ベッタベタのギャグ満載で、
全体ににぎやかな雰囲気の、いわゆるスラップスティック・コメディ。
ツッコミ時のキャラクターのリアクションやオチのつけ方なんかに
対象年齢低めのギャグ漫画や一昔前のギャグ漫画でよくみられる
手法が用いられているので、そういった漫画で育った人には
とても懐かしく感じるであろう描写の数々が散りばめられています。

中心となるキャラクターは以下の4人。
見た目はフケ顔、中身は子どものツッコミ担当 ・ 恒、
女装趣味のある三十路間近の自称美少年 ・ 巧美、
重度のオタクでマッチョボディの持ち主 ・ 正宗、
年齢や容姿の衰えが気になるセクシー秘書 ・ 美羽。
その他のキャラクターも、いずれもツワモノぞろい。

下ネタやオタクネタ、BLネタなんかも多少あるので、苦手な人もいるかも。

恒と巧美がともに 「戻りたくない」 という実家の秘密、
巧美が家を出てから事務所の所長に収まるまでの空白の期間の出来事、
弟の恒にすら見せていなかった巧美の本当の姿とは…?、
時折描かれる、こういったシリアスな話も気になるところ。

ストレンジ・プラス 1ストレンジ・プラス 1
(2003/03)
美川 べるの

商品詳細を見る


        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。