銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
アニメ銀魂 第116話感想
第116話 亀の甲より年の功

今週の見所は新八かな。いつもと違ってキレてたり、言葉遣いがキツめだったり、
ツッコミ役としての自覚の芽生えを感じさせてくれたり…、ぱっつぁんが輝いてた。

今週は、女性キャラの体がやけにガタイよく描かれてたのが印象的。

ぱっつぁんのキレっぷりが凄まじい(笑)
普段おとなしいヤツがキレると手がつけられなくなる、っていうアレかなあ。

「ウチの電子レンジも竜宮上と言ってもいいのか いいかな言っても」
「いいかな言っても」 を言う前に、ちょっと溜めるんですね。
原作だと一気に言い切ってる感じの文字配置だったんで、意外だった。

「どんだけまぎらわしいメッセージ!?」 ほんのり杉田さん風味なイントネーション。

ターンターン、そしてステップ、フィーバーポーズでフィニーッシュ!
新八、1人ノリノリです。先週の砂浜フライングに続き、やたらアクティブ。

玉手箱Gの老化促進ガスにより、夏の浜辺は熟れすぎた男女でいっぱいに。
銀魂なら、需要とか一切無視して、ビキニ姿のバーさんたちの
セクスィ~ショットをじっくり丁寧にカメラで追うのかと思ったのにな。

花野アナのバーさん声かわええーー!
結野アナじゃなく、ちゃんと原作どおり花野アナだったのがうれしい。

亀たちの攻撃から身をかわす一行。 姉上強ェェェ!!(笑)

銀さん&ヅラのジーさん声もお披露目。
銀さんの声は、確かに普段の声とは違うけど、
年寄りっぽさが出てるかというとそうでもないような…?

ヅラのジーさん声はさすがの完成度。
裏声に歌、老人の声と、石田彰の実力をフルに生かすシナリオの銀魂。

とっつぁんに、阿音、おりょう、花子…、お久しぶりな面々が登場♪
とっつぁんって出てくるたびに 「今週出番あったんだっけ!」 って驚きます。

ヅラが懐かしのゲーム機の名前を挙げていくその脇で、
姉上の制止で銀さんにちょっかい出すのを止める神楽ちゃんが見逃せない。

「も~ それ もう僕がツッコミましたから
 無理しなくていいですから 僕に任せといてください」

新八のツッコミ魂炸裂!!
私にとっては、新八が自分の役割を把握していることが窺える感動のシーン。

「オイうぜーよコイツら!! もう次ボケても絶対無視しよーぜ」
珍しく現代っ子っぽい言葉遣いで投げやりな態度の新八が新鮮。

「お妙ちゃんを救い出し皆の体を元にもどし~ 僕らしかいない」
九ちゃんカッケー! ものすごくヒーローしてる!

神楽が鉄格子を破壊するとこは、原作の方がテンポがよく、迫力もあったと思う。
「でかしたネ亀ィィ!!」「俺の意味はァァァ!!」 って、たたみかけてほしかった…。

亀の甲羅に隠れたり、松になりきったりしてる男性陣に比べて、
飛び交う弾丸の間を縫って攻撃を仕掛ける女性陣がカッコイイ!


「オイいい加減にしろよてめーら!! かつてないボケの量だろうが
 こんなモン一人で さばききれるわけねーだろうが」

がんばれ、がんばるんだ新八!
江戸一番のツッコミ使いの称号を持つキミが、こんなとこでくじけちゃいけない!
このボケをさばききったら、キミは1つ上のステージに上がれるのだから…!

乙姫 vs お妙の激しい舌戦開始!
「あ゛ーーーーー!?」、「ワレェェ!!」、「ボケェェェ!!」、「コラァァァ!!」
恥も遠慮も躊躇も感じられない啖呵を切る2人が清々しいです。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2011/02/13/Sun 02:18
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。