銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
『STUDIO VOICE』 読みました。
雑誌 『STUDIO VOICE』 で、[少年ジャンプ] というジャンル! という
特集が組まれていたのを知って、バックナンバーを取り寄せて読んでみました。

銀魂のことに触れてあるらしい、と聞いて読んでみたけど、
分量はそれほどでもなかったです。期待しすぎたみたい。
タイトルどおり、今年で創刊40周年を迎える少年ジャンプという漫画誌について、
いろいろな観点からスポットライトを当ててみよう、そういう特集でした。
でも私はこれまでにも、“マンガ論” とか “ジャンプ考”みたいな本を
いくつか読んだことがあるので、けっこう楽しめました。

先週発売されたジャンプ34号は創刊40周年記念号ということで
巻頭やこち亀でジャンプの40年に渡る歴史を振り返ってましたが、
あの企画をもっともっと丁寧に密度を上げて作ったような内容になってます。

----------------------------------------------------------------
漫画雑誌の編集者やら漫画評論家やら4名による座談会
(座談会:[少年ジャンプ]を読む!)より、銀魂の話題。

様々な文化圏の読者の支持を得ている
銀魂は、小学生、女性、サラリーマン…、いろんな層をカバーしているらしいです。
(座談会形式で、参加者の発言をそのまま文字に起こしてあるので、
 ちょっと伝わりづらいところがあって、実際には 「支持を得ている」 と言い切っては
 いないんですが、たぶんそういうことを言ってるんだろう、と判断しました。)

"生き残ってしまった新撰組"というモチーフ
今ジャンプの中で 『銀魂』 が1番好きな作品であるという宇野常寛さんという
評論家の方が、“武士の時代が終焉した後の世界に生きる新撰組”
(宇野さんいわく、"生き残ってしまった新撰組")というモチーフが興味深い、
と言われてたのが1番印象的でした。

作者はいろんなものにアンテナを張っている
最近の編集者や作家には、マンガやゲームからしか学んでこなかった人たちも
多いけども、それだけじゃなくて、様々な分野から吸収していかなければならない、
と言われてました。その点において 『銀魂』 の作者である空知先生は、
「増刊※のインタビューを読むと、いろんなものにアンテナを張っているな、
という感じはしますよ」 という評価を受けてました。

※増刊 … 赤マルジャンプのこと?

----------------------------------------------------------------
以下は、特集の中で気になった点。 (  )内は記事名。

最近は編集方針というのを厳格に考えすぎている。その雑誌を体現する作品が
2、3作あれば、雑誌の匂いはできるんだから、後は好きにやればいい。
(少年マンガの作り方!)

こち亀の秋本治先生は、ジャンプにおけるチームリーダー的存在で、
ジャンプの記念パーティーなんかのときに、新人の漫画家にも丁寧な口調で、
「あのアイデアはどうやって?」 と質問して回る、そういう人。たまらんよね。
("仕事人"、戦場を語る!)

主人公がバトルで負けたり、必殺技を開発する展開は、アンケートが
ガクンと落ちるので、負けさせられないし、修行シーンも描けない。
("仕事人"、戦場を語る!)

ジャンプで漫画を描くというのは、一見ベタで最大公約数的に見えるかもしれない。
けれども幅広い読者層をに支持されているからこそ、あらゆる読者層のあらゆる
ニーズに応えていかなければならないので、マーケティング的には難しい。
(座談会:[少年ジャンプ]を読む!)

暗黒期のジャンプは、女子読者を過大評価しすぎた。
問題は、それ以降、実像以上にジャンプがフェミニン化したと思われていること。
「腐女子が少年マンガを殺すなんて言われているけど、
 女子読者がみんな"腐女子"だと考えるのは、むしろ思い込みかもしれない」
そもそも少女マンガが非常に低調だという問題もある。
ストーリーで魅せるタイプの少女マンガは80年代以降には見られなくなって、
そういうものを求めると、少年マンガに行くしかなくなっている。
(座談会:[少年ジャンプ]を読む!)

「[ジャンプ] はもうアンケート至上主義はやってないんですが、~」
(座談会:[少年ジャンプ]を読む!)

----------------------------------------------------------------
ジャンプ好きにとっては興味深い内容が盛りだくさんの雑誌です。

STUDIO VOICE(スタジオ・ボイス) 2008年 02月号 [雑誌]STUDIO VOICE(スタジオ・ボイス)               2008年 02月号 [雑誌]
(2008/01/04)
不明

商品詳細を見る


        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

STUDIO VOICE2008年2月号 『[少年ジャンプ]というジャンル』読了後メモ
ほとんど更科さんの知識でできた特集号。 ジャンプの歴史がとてもわかりやすかったです。 「異能バトル」は彼の造語なのかな? 彼は「異能」の反対を「優等生」としているとおおざっぱに解釈していいのかな。 じゃあちなみに私は『銀魂』は「優等生」さえ含んだメタ「...  [続きを読む]
Diary☆2dogs on R206 2008/10/31/Fri 23:24
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。