銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2008年36号 銀魂感想
第二百二十三訓 寝物語は信用するな 

先週から、腰で止まってる鳳仙さんの着物がずり落ちないか心配です。
帯を結んであるとはいえ、激しいバトルが繰り広げられてるこのシリーズ、
なんかの拍子にずりんとずり落ちる気がして落ち着かないんだ。

「国も主君も護るものを全て失い 最後は他人のものを護って死んでいくとは
 己の剣にそんなに意味が欲しいか そんな剣では何も護ることなどできはせんわ」

鳳仙の言ってることが分かるようで分かりません。天よォォ 我に力ををを!!
戦うことに意味を見出そうとせず、ひたすら戦っていれば結果として何かを護れるが、
最初から戦う意味を欲している奴は何も護れない…、ていうようなことでOK?

「泣いてる暇なんかないんじゃないのかい 男が己の命を賭した最後の頼み
 こいつは聞いてやった方がいいんじゃないのかな」

傍観者 ・ 神威の性格がなんだか掴めない。
33号でも晴太に向かって、「せっかく日輪が危険を冒してまでキミを助けたのに、
わざわざ吉原に舞い戻ってきたんだから、それ相応の覚悟はできてるんだろうね?」
みたいなことを言ってて、その思考のまともっぷりを意外に思ったけど、今回も同じく。
人間の複雑な感情を理解したり自分なりの哲学を持っている精神性の高さと、
相手が誰であれアッサリ殺してしまう非情さが両立してるのが不思議な感じ。 

日輪の両足は鳳仙によって痛めつけられ、もはや立つこともままならなくなっていた。
鳳仙のあんちきしょうは日輪さんからアキレス腱という名の翼をもいでいたわけです。
もっとグロテスクな展開を想像してたんで、ホッとした。
日輪さんのひざから下が切断されてるんじゃないかと思ったんだ。

日輪の 「気高き姿」 が 「忌まわし」 い太陽そのものだと言ってるあたり、
太陽(日輪)に恋焦がれるあまり、征服したい気持ちが強くなっちゃった模様。
手の届かない高嶺の花的存在を何とか掌握しようと必死な鳳仙が哀れ…。
素直になりたいなのになれない、手に入れたいなのにできない、
そんな瀬戸際アバンチュール。 

鳳仙は日輪に対して愛情があるんだと、同情の余地があるんだと
思ってたもんで、この共感しがたい気の狂いっぷりは少し残念。
本物の太陽を支配することは不可能なので、せめて吉原の太陽を
支配することで、太陽を支配した気分に浸ろうとしてる…、てことかな。
鳳仙の実際の行動(日輪の足を傷つけるなど)はともかく、
その行動の起因となっている思いの矮小さ、人間臭さには共感できなくもない。

「赤ん坊の頃は親に背負われて 大人になったら今度は年とった親を背負って
 それが親子ってもんなんだろ」
「母ちゃんの一人や二人 息子なら背負って当然だろ」

たぶんだけど、空知先生自身の親に対する想いな気がする。
真っ直で真っ当な家族観がまぶしい…。

百華の生き残りを従えて、月詠登場。
おお、盛り上がる! 日輪さんの笑顔もいい感じ。

銀さん復活、どっこい生きてた壁の中。
主人公の銀さんが死にはしないだろうとは思ってたけど、
なんで生きてられたのか分からない。鳳仙が無意識のうちに油断して手加減したか、
鳳仙が思ってた以上に銀さんが頑丈だったか、はたまたその両方か…、
深く考えちゃいけないシーンだとは思うんですが。
そういうところにちょっと引っかかりつつも、主人公復活という熱い展開には燃える!

「そこかしこに たっくさん」
最後の1コマよかったな~。余韻があるよ。

銀さんの説教よりも、日輪(それか神楽)の一喝に期待してます。


巻末コメント
久しぶりに前担当と飲みました。
一回り大きくなってました。…憎たらしさが。<英秋>

最近いろいろある中で、担当編集さんといい関係を築けていて何よりです。

        
コメント

管理人にのみ表示

こんにちは
イロイロ飛んできました~

くっっっわしい~ですね!!!
作者のコメントまで(^ω^)w
もちろんスタッフはSですよね?

私も銀魂メインで、、
ブログやってるんで
よかったらきてください(´^ω^`)

ブロ友 相互リンクも募集中です~
みくる | URL | 2008/08/12/Tue 23:25 [EDIT]
みくるさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます!

銀魂感想は全身全霊をかけて書いてるので、ついつい長くなっちゃいます。
銀魂ブログやってらっしゃるんですね。今度遊びに行きますね☆
エンゼルパイ | URL | 2008/08/14/Thu 21:28 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。