銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2007年43号 銀魂感想
第百八十二訓 枯れ木に花

「枯れ木に花を」 ではないんでしょうか。
「木を隠すなら森」 のときも 「木を隠すなら森の中」の方が
いいと思ったんですが。

☆表紙は伝説のアイツ! JC最新⑳巻10月4日(木)発売!!
「伝説のアイツ」 って? 星海坊主?


予想外に熱く、シリアスで、感動的な最終回でした。

ワクチンにより元に戻った世界。
乙姫は新八から浦島の想いを聞かされる。

「貴様が長い間あの男を思っていたように
 あの男も またあの装置の中で……
 暗い闇の中で… ずっと貴様を思っていたということだけだ 
 深海に光る真珠のように 貴様が 道に迷わぬように」
ちょ、ちょっとヅラァァ!!
そんな急にまともでカッコイイセリフ言われても! 心の準備が!

いや~、久々に貴公子的側面を見せてくれました。
ホントにシリーズの冒頭で天竺行くとかほざいてた人と同一人物?
『太陽のKomachi Angel』 熱唱しながら砂浜にお小水でSOS描いて
雲の中に滝川クリスタルの結晶があるとかわけ分からんこと言ってた人と同一人物?
でもちょっと注文つけると、敵役とはいえ女性には 「貴様」 じゃなくて
「おぬし」 か 「そなた」 と呼びかけて欲しかった。
「貴様」 ってもともとは丁寧な言い方なんだろうけど、なんかキツイ感じがするから。

崩壊し始める竜宮城。1人残る決意をした乙姫。

「生きてっ… しわくちゃの顔 (ツラ) で笑って迎えてやりやがれクソババア!!」
全員で瓦礫に埋もれた乙姫を助けにかかる。
お妙さんの顔も崩してあるのがよいですね。
そういえば結局おばあさんになった姿は描かれなかったな~。
やっぱお妙さんはヒロインなんだろうか。
ヒロインっていっても銀さんの恋人とかじゃなくて女版銀さんって扱いだといい。
マダオはホントに 「なんで?」 だよね。同情するよ。
でも意味なく殴られるのがマダオがマダオたるゆえんかな。

そして、時は過ぎて舞台は一軒のスナックに移ります。

イヤッホーーーーーーーイ!!!
近藤さん&土方さん、登 ・ 場!!
お久しぶりですね! 顔が見れてうれしいです。
土方さんが、土方さんが、土方さんがそこにいる!
ああ、やっぱり今は土方さんが一番好き…。

土方さんの料理にマヨネーズがかかってないように見えるんだけど、
どうしたんだろう? 健康を気にし始めたんですか。

「ウソだよウソ! 見え張ってんじゃねーよクソババー」
コレって近藤さんのセリフ?
「ホウ そいつは~」 が土方さんのセリフだろうから近藤さんで合ってますよね。
「クソババー」 ってちょっと近藤さんらしくない気がするなあ。
言葉遣いが丁寧なキャラってわけじゃないけど、
人の気持ちを慮れる人だから、こういう言い方似合わないような…。
酔ってたせいかなあ。

最後はどんなに年老いてしわだらけになっても乙姫だと見抜いた浦島のセリフと、
それに応える乙姫の笑顔で締め。あー、また涙腺が…。
美形っていうんじゃなくて、いい顔の人っていますもんね。
職人さんとかクリエイティブな仕事をしてる人に多い気がします。
内面の美しさがにじみ出てるような 「いい顔」。そんな顔になりたいもんです。


巻末コメント
誕生日にアニメスタッフに貰ったうまい棒600本
ようやく食べおわりそう。長かった…。 <英秋>

最近巻末コメントに以前のキレが戻ってきたような気がする今日この頃。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。