銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
アニメ銀魂 第130話感想
第130話 犬好きと猫好きは相容れない

じゃあ私が双方の架け橋になっちゃるよ。

ブ…、ブ…、ブラックジャック先生ェェェ(仮)!?
こんな大文字にするような内容じゃないんだけど、あんまり驚いたんでつい。
てか、この人の名前はなんだろう。

「お前も異様だろ」
ナースのナイスなツッコミが冴え渡る。
こういうモブキャラがキラリと光るセリフを吐くから気が抜けない。

「つーか乗せてよ」、「あ どうも桂です」
すごくイメージどおりでしたどうもありがとうございます。

「またメンドくさそうなことに首つっこみやがって」
            ↓
「またメンドくさそうなことに顔つっこみやがって」

顔!? 普通は首だよね、と思いつつ単行本で確認してみたら、やっぱ首でした。

『銀魂』 は石田さんのいろんな技を堪能できてイイですね~!
スザンヌの声はキュートな感じを予想してたんだけど、
実際はセクシー系というか、気だるげなアンニュイボイスでした。

星吐がどれだけ凶暴でも、外見がにゃんこだと怖くないどころか癒される…。
キャンドルライトラストスパーキング発動直前の、
大量のにゃんこが数珠繋ぎな画もすんごく可愛かったし、
神楽ちゃんの体にいっぱいまとわりついてんのとか、うらやましい。

ちょっと待って!! なんか今変なものが画面を横切ったような…!?
星吐と戦う神楽ちゃんの周りをヅラとスザンヌが舞ってんだけど!?
ワルツ踊るが如く優雅に宙を舞ってんだけど、なんなんですかアレ(笑)

正直、ヅラの裏声シーンがメイン、ぐらいな気持ちで観てたんですけど、
後半のジーさんと金太郎の命を懸けた意地の張り合いに泣かされました。
派手なバトルものや、萌え系と呼ばれる作品がひしめく昨今のアニメ業界で、
一つぐらいこういう渋い人情モノがあってもいいよなあ…、なんて思いました。

ジーさんの演技がこれまた情感たっぷりで、原作を読んだときには、
「いい話だけど、新キャラを中心に据えた人情モノをたった2話でやるんじゃ、
 物語に入り込めないまま終わってしまって、唐突な印象が拭えないなあ…。」
そういう風に思ってたこのエピソードなのに、すごく心を揺さぶられました。
声優さんの演技や、色彩、動き、音楽…、そういうアニメならではの要素が
原作を引き立てて盛り上げてくれたんですね。
「くたばりやがれ」 っていう一見ひどいセリフも、ジーさんの真意を知ると
悪意から愛情、罵りから労りの言葉に聞こえるなんて、なんとも深いですよ…。

地味に気に入ってるのが、回想のジーさんのセリフにあった 「愛人」って単語。
こういう少年誌に似つかわしくない単語をさらりと出してくるところが好きです。

EDもこのエピソード仕様になってて、「ああ、たった2話のエピソードでも、
長編の最終話みたいな演出をしてくれるんだなー…。」 って思ってね、
なんかもう感無量です。そんなに印象深いエピソードじゃなかったけど、
アニメのおかげで、お気に入りのエピソードのひとつに昇格しそうな予感。

        
コメント

管理人にのみ表示

ブラックジャック先生はさっちゃんの看病とか記憶喪失の話に出てきましたね。最近見かけないので、久しいです。
どーもー、今更ながら、OPのラストシーンで万事屋トリオが立ってる場所って
ターミナルの頂上だと気付いた葉隠でーす。どうやって登ったのか気になるところです。定春使ったなら、定春もいるはずですし、快援隊から船借りた可能性もありますが、まあ、登る方法はいくらでもありますね。

この話は本気で泣きそうになりましたよ。戦闘シーンは簡易に描いてたけど、吉原炎上編の為に節約してるのかもしれませんね。
アニメならではの要素ですが、声優が豪華すぎるから演技力は上手すぎなんですよね。今回もゲストキャラ演じたホリケンも後半でいっつも吹き替えとかで出してる声出してたし。
それと、オリジナルシーンとして、星吐き達を銀さんがはねてたけど、俺としてはデジャヴということで、銀さんと新八に「とりあえず落ち着け、落ち着いてタイムマシンを探せ」、「アンタが落ち着け!」のやり取りやってほしかったんですが、基本何轢いたか確認してなかったから、無理だったのかも・・・。まあ、懐かしいというよりも古いやり取りではありますが。
あとEDは、本来新八メインだったけど、今回、その準主人公がほとんど登場しないし、文通編も終わったから替えたようですが、花束ってのがまた感動させてくれますよねー。サンライズ卑怯過ぎますよ。(笑)

それと、来週からやる幽霊旅館編のEDにはできればフルでアナタMAGIC流してほしいと思う葉隠でーす。
どうですかね? お岩とレイが「ようこそ~仙望卿の湯へ~」って言った締めにアナタMAGIC流す的なやり方は。
葉隠 | URL | 2008/11/01/Sat 20:02 [EDIT]
あと、何気なーく、銀魂知った家経緯について説明したいと思う葉隠でーす。
俺は小5までは漫画はあまりというか、全く読まなかったんですが、ある日今は上京した兄が買ってきた漫画、「ピューと吹く!ジャガー」を読んで結構気に入りました。マサルさん描いてる人の作品だってのあってか興味も沸きましてね。
そして、兄の上京後、俺はブリーチのアニメ見てたんですが、割合気に入って、原作買っちゃいました。そっから、基本、アニメ見て、いい出来なら、原作漫画も買おうなんて思想が出来てきましてね。大したクオリティでもなかったのに、何故か、というより、その物語の熱さを感じ取ってしまったのかアイシールドも買うようになりましたね。そんな3、4年前の冬ぐらいだったかな?
その3作のどれかの発売日でいつも単行本買ってる店に寄ったら、ピックアップされてた漫画が銀魂な訳ですが、タイトルも印象的だし、目に入ってしまったんですが、ロクに内容も知らずに買うほど俺は用心浅い性格ではないので、買う気にはなれませんでしたね。そっからもアニメ化決定ということで、度々目に入ってしまったんですが、「まあ、原作買うのはアニメ見てからにしよう」ということで、そこは諦めて、アニメ見ようとしても、中々、見る機会がなかったんですよね。はじめて見たのは真の第1話の銀さんと新八が出会う話だったんですが、世界観は割かし理解できても、ジャンルが理解できなかったので、原作買おうなんて気にはなれませんでした。
・・・でも、ある日、近藤初登場のお妙を掛けた決闘話見て、ものっすごい面白かったんで即買いに行きました!!!!
やっぱり、「物語」というのはほんの1話見ただけじゃ想像もつかないですよね。一話だけ見て面白さを決めるのはあまり良くないのかも。


ところで、エンゼルパイさん。ハードボイルドアニメ見たいんですか?
俺は、「MASTERキートン」とやらは知りませんが、カウボーイビバップもブラックラグーンも見ましたよ。
2作とも良いですよー。ブラックラグーンは基本重たい話が多くて、話進むとどんどん重くなっていったりするんですが、度々ギャグシーンも入れ込んでるし、今のところ、2話しか出てきてない杉田さんが演じてるキャラが俺は何より好きです。今度第3期もやるみたいなんで、楽しみですしね。

次にカウボーイビバップですが、これはハードボイルドアニメの傑作ですよ。映画化もしてますし。若干銀魂に似通ったとこもあるかもしれません。アニメの製作会社がサンライズでしたし。ちなみに、坂本を初めて見たときカウボーイビバップでこんなんいたようなとか思ってたら、サングラス掛けた主人公だったなんていうオチもありました。(笑)
葉隠 | URL | 2008/11/02/Sun 02:01 [EDIT]
葉隠さんへ
お返事遅れまして、どうもすみませんm(_ _)m

OPのラストで万事屋3人がいる場所はターミナルなんですか!
葉隠さんからコメントいただくたびに、そこまで意識して観てないなー…、
と自分の注意散漫さにしょんぼりしてますエンゼルパイです…。

今回の話はすごくジ~ンときました。上に書いてるように、
原作を読んだ時点ではそんなに印象深いエピソードじゃなかったんですけど、
やっぱり声優さんの演技力やスタッフさんの演出のおかげで、
気分が盛り上がりました~! 最後に花束だけが映ってるのもニクイですよね!
戦闘シーンの簡素さが吉原炎上編のためとか! スゴイ鋭い読みを…!
そうなることを願ってます。年明けには吉原炎上編もやってくれるといいですね。

「とりあえず落ち着け、落ち着いてタイムマシンを探せ」、「アンタが落ち着け!」
ってやりとりを挿入するって上手い! それいただき! ←?

銀魂スタッフのことだから、幽霊旅館編のラストもなにか仕込んでくるはずですよね。
今回の話よりも明るい雰囲気で終わるエピソードだから、「アナタMAGIC」 が
似合いそうです♪ ちょうど今回EDの 「I、愛、会い」 を流したところだし、
次の幽霊旅館編では 「アナタMAGIC」 を使ってほしいですね^ ^

私も慎重派で、漫画をジャケ買いしない方です。

>やっぱり、「物語」というのはほんの1話見ただけじゃ想像もつかないですよね。一話>だけ見て面白さを決めるのはあまり良くないのかも。

ホントそうですよね! うんうん。
あんまり早い段階で見切りをつけると、いい出会いを逃す可能性が…。
私も単行本の1巻だけ読んで、続きを読むのをやめちゃって、
ちょっと見限るのが早かったかも…、って漫画が結構ありますi-201

それからブログタイトル下のフリースペースの内容へのコメもありがとうございます♪
そうなんですよー、ちょっと大人っぽい感じのを観てみたいんです。
ブラックラグーンの方には杉田さんが出てくるんですね^ ^ 
キャストに知った名前があるとなんだかニヤニヤしちゃいますw
暇があれば観てみたい!

では^ ^
エンゼルパイ | URL | 2008/11/08/Sat 00:01 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2011/02/25/Fri 11:58
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。