銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
アニメ銀魂 第132話感想
第132話 ブリーフの××筋は絶対不可避

原作だと、「ウン筋」 ってなってたのにね。テレビではダメなのかな。
何がセーフで何がアウトなのか、何が正しくて何が間違ってるのか、
私には分からないよ…。

幽霊っぽく生気のない感じを出そうとされてるのか、
レイが急ぎ足で抑揚のないしゃべり方をしてました。

床屋 → バーバー
「ババア」 って言ってるのかと思った。

CM直前、画面左下の銀魂の文字が揺らめきながら現れて、ホラーっぽい感じに。

温泉で体を洗ってるガイコツさんの声は、ハタ皇子の人だよね?
EDのスタッフロール観ると、信長の声のとこにしか名前がなかったけど。

布団かぶって柿ピーかじりながらしくしく泣いてる銀さんが可愛い。

銀さんの顔が、ブリーフ3に命令を下してピーナッツかじってると、
ラストの 「目の前にあらァ」 のとこ、すごくカッコよく描いてあった!!


普段は表情の変化が少なく、余裕のある態度を崩さない銀さんが、驚いてたり、
慌ててたり、グチこぼしてたり、弱気になってたり…、といろんな表情が見れたし、
接客時のへりくだった態度やモノローグも新鮮でよかったです。


別に簡易感想とかじゃなくて、いつもどおりの全力感想なんだけど、
この文字量は私の感想史上最少だと思います。
ここまで書きたいことがなかった回も珍しいなあ…。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2011/02/25/Fri 13:41
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。