銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
銀魂 第二十七巻 天は人の上に人をつくらず髷をつくりました 感想
祝 ・ 二十七巻達成!!

表紙はバカ殿つながりということか、アイーンポーズで決め!な
江戸幕府の最高権力者 ・ 将ちゃんこと徳川茂茂。
もっとヒドイ表紙を想像してたから、わりとまともな表紙な気がします。

背表紙はなんとたま。17巻の表紙を源外さんと共に飾ったものの、
18巻の背表紙は源外さんだけでしたが、まさかここで登場するとは。

銀魂史上最長の吉原炎上編も終わり、いつもの毎日が戻ってきた27巻。
肩の力を抜いて楽しめる短編がてんこもりな巻です。
空知先生は風邪をこじらせてしまったそうで、辛そうだ…。
カバー折り返しのコメントを読むと、だいぶ長引いてたっぽいですね。
お体に気をつけて、って言ってもなー、ハードな週刊連載だし、
しかも単純作業じゃなくて、創作活動という名の頭脳労働だし…、
なかなか自分の健康を顧みる余裕なんてないんだろうなあ…。

読者とふれ合う質問コーナー71
作画にはあまり意識が向いていないらしい空知先生だけど、
それでもちゃんと意識して描き分けしてるんだっていうのが分かってよかった。

読者とふれ合う質問コーナー73
兄ちゃんの顔に巻かれた包帯は、日除けのためだったんですねー。
目出し帽とかパーティー用の頭からかぶるマスクとかの方が断然便利だと思います。

<修行編突入!?>
吉原炎上編は壮大なネタ振りだったのさ、と言わんばかりの、
前話までのシリアス長編をフェイントに使った、長編明け1発目のお話。
2ページ目の鍛錬に励む新八&神楽の姿は熱かったのに(笑)
ジャンプ作品でよく見られる修行展開を逆手に取った、メタな視点の物語でした。

<長谷川さんのウキウキ☆不動産めぐり>
ついに住む所まで失った長谷川さんに涙。
いくらギャグとはいえ、さすがにかわいそすぎる…。
昨今の不景気ともリンクしていて、ますます切ない。
最後、ホラーに着地するのはちょっと意外でした。

<将ちゃんのドキドキ☆床屋初体験>
1話目は近藤さんとヅラ、2話目は将軍がメインの前後編。
いろいろヒドイ感じに改造されていた将ちゃんの頭部に合唱。
でも普通にしてればまともなお顔。もしかしてイケメン設定なのかなあ。
あんな目に遭わされても文句一つ言わず、庶民のために改革を行った
将ちゃんは、人の上に立つに足る人物。江戸の人たちは幸せ者だ。

<沖田のワクワク☆土方いじめ>
3話構成のこの話は、スリラー映画 『SAW』 のパロディなんだそうです。
総語の迫真の演技と、3話という程よい話数のおかげで、最後まで緊張感たっぷり。

シリアスパートとギャグパートの分別位つくよ、とは土方さんの弁ですが、
銀魂はシリアス回だと身構えてたらギャグオチだったり、
ギャグ回だと油断してたらシリアス展開に突入したり、
そういうことがしょっちゅうあるので、そのセリフも鵜呑みにできない。

演技とはいえ、焦ったり驚いたり、いろいろと珍しい総語が見れてよかったし、
自分を犠牲にして土方さんを助けようとする、いつになくしおらしい様子の総語と、
あくまでも一緒に助かろうとする土方さん、2人の会話は感動的でした。

ジャンプ掲載時は、パイプに巻きつけられていた鎖を土方さんが引きちぎっていて、
「あれ、それだとラストで総悟と鎖で繋がれてるのはおかしいんじゃない?」
という指摘が某所であり、その後のジャンプ51号の巻末コメントで、空知先生から
ミスをお詫びするコメント※が発表されたのですが、単行本に収録するにあたって、
“鎖はちぎれてないけどパイプが折れたので移動可能になったのだ”
という風にちゃんと画が修正されてました。
それに合わせて15ページ目の最後のコマの地愚蔵のセリフも、
「鎖」 となっていた部分が 「パイプ」 に変更されていました。

※2008年51号の巻末コメント
WJ49号の第235訓、鎖一回切ったのに最後繋がってました。
間違いです。申し訳ありません。<英秋>


それにしても、真選組が登場すると、一気に画面が黒っぽくなるね。

<ハッピーバースディ九ちゃん♪>
九ちゃんと東城とひさびさに会える、九ちゃんの誕生日会のお話。
いつもと違って控えめなお妙さんや、相手が誰であろうと怯まない新八、
そして意外にやり手かつ九ちゃんの気持ちを察していた東城、
そういうところも見逃せないポイントです。東城さん、あんたイカしてるぜ!

お妙さん、長谷川さん、ヅラの3人が登場する1話完結ものの話が、この巻に2話。
それからジャンプ10号に掲載されたばかりの、28巻に収録されるであろう話でも、
この3人が登場します。この人たちって動かしやすいキャラなのかな。

最後のコマ、ジャンプ本誌掲載時は九ちゃんの両隣が空いてたんですが、
単行本では神楽ちゃんと、なぜか小栗旬之助が。春巻き食べてる!(笑)
おそらく、いわゆる “捨てキャラ” な小栗旬之助。
でも意外にいいキャラみたいなので、今後再登場したりして。

<神楽の眠れない夜>
何か事件が起きるわけでもないし、舞台は銀さんの寝室でほぼ固定されている。
内容はというと、夜に寝付けない神楽ちゃんにしぶしぶ銀さんが付き合っていたら、
しまいには銀さんの方が寝付けなくなってしまった…、という、
文章にすると実に地味な、なんてことない日常の話。
「寝付けない」 というテーマで会話を転がして1話完成させる、そのスキルはすごい。

ジャンプ掲載時の感想では、1番最後のページの銀さんの言葉遣いが可愛い、
ということを書いたんですが、読み返してみると他にも胸きゅんフレーズだらけ。
「銀ちゃん 先に寝たらダメだヨ ちゃんと起きててネ」、
「おなかじゃないもん 屁だもん」、「うん!! アリガト銀ちゃん」
「頼むから寝かせてくれよ 仕事あるっつってんだろ」、
「わかった じゃあ俺が飯炊いといてやるから その間にお前風呂入ってこいや」、
普段よりも女の子っぽい口調の神楽ちゃんに、すっかりパパさんな銀さん、
たまんないっすね! 特に銀さんの 「頼むから~」 は、大人の男っぽくてイイ感じ。
「ああ、銀さんちゃんと働いてるんだあ~…。」 って、しみじみ実感しました。

最後に…ヌルヌル大陸なんてどうですかTBSさん!!

銀魂 第二十七巻銀魂 第二十七巻
(2009/02/04)
空知 英秋

商品詳細を見る


        
コメント

管理人にのみ表示

銀魂続行決定です!
どーもー、銀魂のアニメが続くことを証明してる証拠を発見した葉隠でーす!
・・・って言ってもエンゼルパイさんはもうご存知ですよね?
銀魂の主題歌を収録したアルバム(?)。
銀魂の2年半までの曲を収録してるようですが、「アナタMAGICは?」 、「I、愛、会いは?」、「輝いたは?」ってなりますからね。
アルバムの第二弾が出ることを示してます。
葉隠 | URL | 2009/02/12/Thu 14:05 [EDIT]
葉隠さんへ
こんばんは。お返事遅れてすみません。

その3曲は収録されてないんですよね。第二弾が出るよ、って意味なんでしょうか。
そうだったらいいですね。
エンゼルパイ | URL | 2009/02/16/Mon 18:34 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。