銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2009年12号 銀魂感想
第二百四十八訓 人の身体は小宇宙

空知先生のおかげで(?)、小宇宙とくれば自然と 「コスモ」 と読むようになりました。

今回の舞台は、OWee争奪戦編、ドライバー編に続いて3度目となるRPG風世界。
先週号の感想では、一寸法師+ミクロの決死圏って書いたけど、
結局ゲームネタか…。空知先生の十八番、という言い方もできるけど、
ゲームには明るくないし、私ちょっと飽きてきたよ、このネタ…。

「オイ まどろっこしーんだよスペ○マジジイ」
意味が分からなくて検索かけたよ。

破裂した獏の身体の断片が、電脳世界っぽくていい感じ。

「ビアンカは俺の嫁」
空知先生自身がビアンカ派でしたっけ。

銀さんに瓜二つの白血球王現る!
クローンとかドッペルゲンガーとか、そういう感じ?

銀さんは単純に戦闘能力を買われただけで、内面は評価されてないんだネ…。

どっちがたまさんを護るにふさわしいか勝負!みたいな展開になっていくのかな。
銀魂の真のヒロインは神楽ちゃんでもお妙さんでもさっちゃんでもキャサリンでもなく、
たまさんだった…!のか…? そういえば前にデート的なことをしてたしなあ。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。