銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
『銀魂』公式キャラクターブック2 銀魂五年生 感想
空知先生関連の企画が充実してて、それが1番の収穫です。買ったかいあった。
最後に 『銀魂五年生 おかわり』 の感想も少しだけ載せてます。

カバー折り返し
しょっぱなからジ~ンとさせてくれるなよコノヤロー!
いつか空知先生がこの世を去るとき、先生の目に、
お迎えに来た彼らの姿が見えてるといい。


『白夜叉降誕』スペシャルポスター
『赤マルジャンプ2009WINTER』 に付いてきたのと同デザインの縮小サイズ。
…と思いつつ確認したら、微妙に文句とかが違った。
赤マルのときは裏面がBLEACHのポスターだったので、
まったく同じものではないみたいですね。


銀魂“新入学五年生”生徒名簿
名簿のポイントというか、気になった点を箇条書きで。
・作中における架空の人物にもプロフィールがある 
 (ヅラの妄想の登場人物、ゲームのキャラ、CMキャラのカイ&イワノフなど)
・なのになぜかプロフィールのないギンタマンやワンパークなどのキャラ
・非生物にもプロフィールがある (たま、間陀男、スザンヌなど) 製造年月日?
・なぜか人間サイズの白血球王たち
・実在の人物をモデルにしたキャラはそのモデルとなった人物と
 同じプロフィールになっている (天知、ジャッキー・チェン、小栗旬之助)
 ※ 天知は誕生日のみ。他の2人は身長と体重も本人と一緒っぽい。
 ※ てことは小西恒平は大西編集と、吉沢は吉田編集と同じ誕生日では?
 ※ なぜかお昼の顔 ・ 多毛さんのプロフィールだけは、『銀ちゃんねる!』、
   『銀魂五年生』、『銀魂五年生 おかわり』、どこを探しても見当たらない。
・誕生日がかぶっているキャラたちがいる
 (確か 『銀ちゃんねる!』 のときもそうだった気がする。
 前回と今回のキャラブックとで、たぶん365名以上のキャラが登場してるので、
 365日必ず誰かの誕生日、っていう風に振り分ければよかったのに。)


流行りモノをチェック!エンタメ情報館!!
万事屋プロデュース公演 紅桜 -BENIZAKURA-
『紅桜 -BENIZAKURA-』豪華キャストにきく! 一言コメント特集!!
高杉と万斉以外の鬼兵隊メンバーは生死不明のままで、
私はなんとなく3人とも生きてると思ってたんですが、
「似蔵だけ死んでる。」、「いや3人とも死んでるのでは。」 などという
文章をネット上で目にしてからは、3人の安否が気になってました。
その後 『3年Z組銀八先生3』 のピンナップに描かれたフルメンバーを見て、
「やっぱ3人とも生きてるってことでいいんじゃね?」 と思っていたわけですが、
今回のこのコーナーでは、武市先輩とまた子のコメントがあって、
似蔵のコメントは、「※公演中の事故により病院に搬送中!!」 ということで、
公式には武市先輩とまた子は生存確定、
似蔵はいまだ生死不明(後に復活予定)ということでしょうか。


まんがかのおじさん
大人の社会科見学会!!
キユーピーでマヨ作り見学! キユーピー株式会社 五霞工場
ライターが寝坊して取材に同行できずに終わったという出だしで始まった、
前代未聞の、いや前にもあったなこんなこと、という感じの
(株)キユーピー(キューピーじゃないよ)の工場見学。
なぜにマヨネーズ製造工場なのか。土方さんゆかりの地的な場所だからか。
だったら主人公の銀さんの好物の、いちご牛乳製造工場とかの方がよくないか。

「レーンを容器がトコトコ流れてくのは、かわいかったっす」
かわいいなオイ! そんなこと言う空知先生がかわいいよ!
ライターの人も 「意外とメルヘンな感想」 って言ってるし。

会話の内容から空知の正体がバレるというハプニング発生
いいないいな。私もその場に立ち会いたかった…!
その幸運な人物には、そのときの空知先生の様子をレポートしてほしいです。
書ける範囲でかまわないから。

共同印刷株式会社 小石川工場
「工場内に入ると空知は齊藤の影に隠れるようにして、
 しきりに周囲を気にしている。「『銀魂』 の空知先生です!」
 齊藤は声高に現場の方々に空知を紹介し始めた。」

さっきからなにこのかわいい反応。なにこのかわいいオッさん。そして空気読め齊藤。


空知邸におジャマしました!!
今度は齊藤編集が遅刻。このお寝坊さんめ。遅刻厳禁だゾ☆
お約束のように順番に遅刻してくるなんて、展開が神がかってますね~。

な、なにー!? これが空知邸のぜんぼうだ!
この仕事場、自室があるけど、これ自宅も兼ねてるってわけじゃないよね。
自宅は別にあるんだよね、たぶん。

自炊はけっこうする派
ほほぅ、なんだか意外。これまでのインタビューを読んだ限りでは、
漫画以外のことにあまりかまわない人ってイメージがあったから。
ちゃんと栄養のあるものを食べるんだよ、英秋や…。私は一体誰…。

「マジきもいから、見ないほうがいい」
iPodに入っている曲の公開を頑なに拒む空知先生。
そんな態度取られたら、気になるじゃないの。自作の曲とか…?(笑)

机の上に置かれた灰皿に、ぎっちり詰まったタバコの吸殻が!
『銀ちゃんねる!』 の 「アシスタントさん大紹介!」 のページで、
佐藤剛さんの 「空知先生にひとこと」 のコーナーにて、
「灰皿の中のタバコがいつもえらいことになってるので心配です。」
 どうかほどほどにして、お体を大切に…。」 というメッセージに
添えられた、吸殻だらけの灰皿のイラスト、アレを思い出した。
もうどっちが本体だか分からないぐらいの詰まりっぷりじゃないですか!
禁煙は1~2週間続けば後は楽らしいので、ファイトですよ。

「まぁ、俺自身が道具みたいなもんですから。」
急に何を言い出すのかこの人は。カッコいいじゃないか。
道具(体)を大切にね。

本棚に乱雑に放り込まれた本
ジャンプ2008年26号の、「マンガ脳の鍛えかた」 という特集に
空知先生が登場されたときとあんまり変わってない気がするけど、
なにぶん写真が小さくてタイトルがよく見えないのがある…。
どうせならもっとはっきり写ってるのが見たかった。


空知英秋ロングインタビュー
読んでてまず思ったのは、「普段の会話が 『銀魂』 のセリフみたい!!」。
すごいなー、普通にしゃべってて、こんなセンスある言い回しができるんだものなー。
空知先生の口から紡ぎ出される言葉の、その発想の斬新さ、
語彙の豊富さ、例え話の巧みさに改めて感心しまくりです。
もっと空知先生の発言を読んだり文章を読んだりしたい。
さらに言えば、ラジオとかでトークを聴いてみたい。
さらにさらに言えば、直接おしゃべりしてみたい。
最後のはアシスタントにでもならない限り無理だとしても、
1つ目と2つ目のはどうにかならないものか。
前にも書いたけど、脚本家とか放送作家とかラジオのDJとか、
いつかそんな感じの仕事をやってみてほしいです。

「根っこのところはポジディブでしたね。」
連載開始当初の何も分からない状態が、弱みでもあり、逆に強みでもあったと。
いろいろ知ってる今となっては、もうそういうのは難しいっていう話は、
ちょっと切ないですね。いろいろ知っていくのは悪いことではないけれど。
でも下ネタなんて、だんだんタガが外れて拍車がかかってる気がするので、
連載開始から5年経った今でも、結構怖いもの知らずに突き進んでる感じがします。

「とりあえず終わるまでには準レギュラー全員掘り下げたいです。
 いつまでたっても描かないのは…、なんかもったいない気がして。」

おお、楽しみ!! 予定されてる長編をなかなか消化しないのも、
別に忘れてるわけじゃなくて、もったいないからなんだろうな、きっと。

「最初の頃は自分でもいろいろルールを課して描いてたんです。
 『アレはやらない』『コレはやらない』 って、~」

その 「アレ」 や 「コレ」 ってのがなんなのか教えてほしい!
『銀ちゃんねる!』 では、「できれば心理描写は入れたくない」 と言われてたので、
たぶんそれも自分ルールの1つだったんだろうと思います。
後は…、これは私が感じたことに過ぎないんですが、パロディが増えてきた。
細々としたパロディは前からあった(キャッツパンチなど)けど、
大規模なパロディ(夏休み特別編 ← 浦島太郎、地愚蔵編 ← SAW、など)は
後から目立つようになったような気がします。たぶんですけど。
それと、何度か感想で書いてることなんですが、だんだんとセリフ以外での笑い、
なんと表現したらいいのかよく分からないけど、非現実的な画や展開で笑わせる
ものが増えてきてる気がします。

「自分の中ではうっすら 『こういうラストにしたい』 っていうのはあります。」
マジでか! まあその後に、「どうなるかわかりませんが」 とは言われてますが。
どんな感じで終わるんだろうね。ただ、途中でどういう方向に行こうと、
ラストは 「銀さんたちのハチャメチャな日常はこれからも続いていく―。」
みたいな終わり方にしてほしいし、きっとそうなると信じてます。

「そりゃ学園モノとか現代モンもやりたいですけど、その時のためにネタを
 あたためておくとか、ネタ切れするまえにやめるとか、そういうのは
 やりたくないです。それは 『銀魂』 を応援してくれた皆さんにも失礼だし、
 何より腹を痛めて産んだキャラクターたちに対して申し訳ないでしょ。」

「漫画と共倒れする」 ぐらいの気持ちでいるんだな、この人は。
スマートに勇退するんじゃなくて、最後まであがくつもりなんだ。
前にもインタビュー(単行本19巻収録)で、何歳まで漫画を描けていたらいいのか?
という大西さんの質問に対して、「死ぬまで。」 と即答していた空知先生。
魂切れ…、じゃないや弾切れしてブッ倒れるのを見届けたいです。
そしてそっとタオルを差し出せたら言うことなし。

「もう僕だけのモノでもないんで、~」
空知先生って芸術家肌な人だと思ってきたけど、そういう面もあるだろうけど、
それと同時に職人気質な人でもあるんだなと思いました。
自分が生み出した 「作品」 であると同時に、自分以外の多くの人間が携わっている
「商品」 でもあることを意識されてるんだな、と。もちろん当たり前なんでしょうけど、
この発言を通じてそれが分かりました。
…とここまで書いてて思ったんだけど、上の解釈でいいのかどうか分からん。

担当・齊藤氏についての質問
ほめてるんだかけなしてるんだか分からない口ぶり、
さりげなく織り込まれたライターの人への文句、
挟む必要のない編集者に対する悪口や下ネタ、
なんだかんだで抱いている齊藤編集への尊敬と感謝の念…、
なんだかすごく空知先生らしさの詰まった内容だと思いました。


続、目次コメント集!!
これこれこの企画!
今回は収録されないんじゃないかと思ってたからありがたいです。


みんなのぎんたまにあ
イカス二つ名GP!
ダジャレの “糖類王” と “狂乱の奇行子”、懐かしの “多串君”、
なんとなく格調高い気がしなくもない “地味のむこうがわ”、
このへんが気に入りました。
あと新八! 地味地味言われてるけど、本当に地味なキャラは
こんなにイジってもらえないんだからね! よかったね~!
他には “メガネ掛け器” とかどうでしょう。メガネを掛けとく棒的なアレです。


フリーテーマイラスト
低学年編 : チビッ子たちが読んでるってことが分かるとうれしい私。

福岡県/パスタ刑事さん : 点描ならぬ坂田銀時描の力作。かっこいい!

埼玉県/崖の上のオクラさん : 本当に表紙になったら発禁必至の問題作。
「天然ゴリラに悪い奴はいない」。いいこと言った!
褌一丁で両手にネギを持ち、宙を翔るその姿は神々しくさえある。
そうか、私が今見ているこれは、人間じゃなくて妖精さんか…!

北海道/酒塩さん : これはそのうち商品化しそう。


●空知英秋 描き下ろし漫画
描き下ろし特別訓 道半ばで過去を振り返らない

作者視点のセリフに思わずニヤニヤしてしまう特別訓。
楽しかった!! 私にとってはこれがメインディッシュでした。

伝説の編集 ・ 鳥嶋(マシリト)や、名編集 ・ 浅田(ダーアサ)とか、
担当編集以外の人からも結構アドバイスもらえるものなんですね。

「ボケ方が同じだってしばらく悩んだネ」
なんかすごく高度な悩み。
キャラによってボケの方向性を変えるとか、どうやるのかよく分からない。

岸本先生や久保先生からの激励メッセージ(?)にニヤニヤが止まらない!
そういえば、前にジャンプの 『NARUTO』 のカラーイラストで、
カエル(?)のボディに 「銀魂」 の文字が書かれてたことがあったっけ。
アレも岸本先生なりの応援だったり?

村田先生が描かれた巨大マヨを背負ったヅラは私も気になってました。
多串君とごっちゃになっちゃったんだね。村田先生ってばうっかりさん☆
でも新八、ヅラ、エリザベスと3人も銀魂キャラが描いてあったから、
銀魂を好いてくれていると思ってもいいのかな。


●空知英秋 あとがきコメント
このタイミングでSMAPネタとか。

「あ 背中に羽はえてんですね」
またまたかわいいことをおっしゃる、このお方は。
もちろん実際にしゃべったわけじゃなく、面白おかしく脚色してるだけでしょうが、
その脚色の仕方がメルヘン過ぎてどうしていいか分からない。

----------------------------------------------------------------
『銀魂五年生 おかわり』 感想
銀魂五年生 留年者生徒名簿
『銀五』 本編で特にピックアップもされなかった=留年者ってなんか違わない?
留年者は阿伏兎さん…、あ、あれは銀八先生での話だから別物か。
でもこれすでに 『銀ちゃんねる!』 に載ったキャラで、しかもその内のごく一部って、
ちょっと私には意図がよく分からない企画でした。


「銀五おかわり」 特別企画
『銀魂』“ご当地駅貼り”キャンペーン 全10種ポスター完全公開!

これはカラーで見れたらなおよかったですね。
日本を縦断して、自力で全ポスター制覇した猛者はいらっしゃるのでしょうか。

        
コメント

管理人にのみ表示

こんばんは
ご無沙汰してます、伺ってはいたのですが
ロムってばかりですいません。

工場見学の、トコトコ空知は可愛いですよね
何このかわいいおっさんvv
一緒の見学された人も羨ましいこと山のごとし。

実は私も同じ誕生日の人がいるなあと思いました。
このキャラの誕生日って誰が考えてるんでしょうね。

「銀五おかわり」の情報もありがとうございます
ポスター全種見れたんですか、私は数種しか見れなかったので
見たかったです…
赤マル買えなかったので、情報うれしかったです♪

ではまた~。
かか | URL | 2009/05/07/Thu 19:59 [EDIT]
かかさんへ
かかさん、こんにちは~! こちらこそご無沙汰してます。

レーンの上をトコトコ流れていくマヨ容器と、
それを見てかわいいと思う空知先生と、どっちもかわいいです♪
工場見学で空知先生に遭遇した幸運な人には、できたらレポしてもらいたいところ。

キャラの誕生日、『銀ちゃんねる!』 のときからかなりかぶってますよね。
空知先生や担当編集さんが考えてるのか、このキャラブックを編集した会社の
スタッフさんが考えてるのか、どっちにしろ適当っぽい香りがプンプンしますね。
ざっと見た限り、私とおんなじ誕生日のキャラっていなかった気が…。
毎日必ず誰かの誕生日になるようにしてほしかったです。

私はポスター見れなかったですよ。
だから、もし全種見れた人がいたらスゴイなあって。

赤マル買えなかったんですね(´・ω・`)
全18ページの薄っぺらい冊子で、期待したほどのモノではなかったです。
ポスターも白黒印刷だったし…。
入手できずとも、さほど精神的ダメージを受けずに済む程度のつくりでしたよ。
(…どうでしょう。これでかかさんのダメージが軽減されたらいいんですが。)

では☆
エンゼルパイ | URL | 2009/05/09/Sat 16:04 [EDIT]
問題です。神威の二つ名、「微笑みの爆弾」の元ネタはなーんだ?
どーもー、もう、細かい脇役含めたら銀魂って登場人物400人越えてることが確信できたと思った葉隠でーす。
長谷川を再登場させて以降、未だに新キャラ作り楽しんでいるっぽいですね。とりあえず、現時点でのメインキャラ勢揃いな扉絵にも登場している新人主要レギュラーキャラは月詠さんのようですね。今後も更に出てくるんでしょうか?

ところで、坂本を放置している理由は不明のようですが、ハタ皇子は飽きたんですね。(汗)
まあ、彼も掘り上げてくれるのかな? アニメでは度々出てきてはいるけど。

・・・村田先生、マヨネーズ背負った桂描いたって・・・。結構他のジャンプの漫画家達と交流する機会って多いようですが・・・。漫画本編は・・・本当に村田先生ちゃんと読んでなかったのかなあ?
葉隠 | URL | 2009/05/31/Sun 15:29 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/05/31/Sun 15:59 [EDIT]
葉隠さんへ
400人ですか~。この数字は多い方なんですかねぇ。
銀魂って連載期間のわりにはキャラ多くない印象です。

月詠さんはギャグ回にも登場しそうな感じがします。
ボケもできるキャラなので、楽しみです。

ハタ皇子…、飽きちゃったんですねー。
アニメにはちょくちょく出てくるから、気に入られてるみたいですが。

>・・・村田先生、マヨネーズ背負った桂描いたって・・・。

他の作家さんの作品を、毎回丁寧に読み込んだり、
作中の設定を全部記憶してたり、そういうのは大変なんじゃないでしょうか。
でも銀魂ファンとしてはちょっと残念ですよね…。
エンゼルパイ | URL | 2009/06/30/Tue 23:25 [EDIT]
2009/05/31/Sun 15:59 にコメントをくださった方へ
『カウボーイビバップ』 をちょっとだけ観たところで止まっちゃってます…。
なんだか、ずっと画面に集中して観るっていうことができなくって。
作品の内容がどうこうっていうんじゃなくて、
たぶん普段からテレビを観る習慣がないせいだと思います。

『バッカーノ!』、存在は知ってます!
前にどっかであらすじを読んで、面白そうだなと思ってました。
原作のラノベを読んでみようかと思ってたんですが、
アニメの方も出来栄えがいいんですね^ ^

>時系列までもがバラバラで、複数の人々の視点を同時進行で見つつ永久ループ仕>様となっているかなり特殊なアニメなんですよね。

おおおお、凝った作りで面白そうですね~!
でもしっかり観てないと混乱しそうi-201


アニメや動画を紹介してくださるそのお気持ちはうれしいんですが、
前述の通り、実際に観るかどうかは分かりません。すみません。
「・・・まあ、どうせ見る気なんかないだろうけど」 とのことですが、
そう思いつつ紹介するというのはそちらも気分がよくないでしょうし、
こちらもこんな風に言われても困惑するしかないですし、
お互いの精神衛生を考えると、動画等を薦める、というのは
私たちには不向きなんじゃないかなーと思っています。
(この問題については以前に何度かコメントで申し上げましたが…。)
長々と失礼いたしました。
エンゼルパイ | URL | 2009/07/01/Wed 00:15 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。