銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
アニメ銀魂 第191話感想
第191話 自由とは無法ではなく己のルールで生きること

空知先生自身がが理想とする生き方なのかも。

「雀なんてあんな愛らしいモン」
銀さんのおめめがキラキラうっとりおめめにwww
確かに雀は愛らしいよね。

「ホウイチ殿!!
 塩がいいですか!! タレがいいですか!! 銀時 お前はどうする!!」
日本人のほとんどは焼き鳥につける調味料において
タレ → 塩 → タレ と原点回帰するルートを通ります。
タレしか知らない小二期 → 通ぶりたくて塩に手を出す中二期 →
やっぱりなんだかんだでタレだよなの高二期 という甘酸っぱいルート。
俗に言うブーメランルートです。嘘です。
ちなみにこの後、タレと塩とを使い分けるのさという大ニ期に突入します。

「気がつくと 周りは血の海になってた」
これって、ホウイチを護るために敵に飛びかかった野良猫が斬られて、
それを見たホウイチが怒りに我を忘れて敵を斬って、という展開なのかな。

ホウイチの意識が野良猫に乗り移ってからは、
顔立ちがホウイチのそれに変わるんですね。

ドームの表面に丸い穴が空いた遊具(何ていうのコレ)の、
丸い穴に横向きに腰掛けるヅラが無駄にかっこよくてイラッとくる。

捕らわれの身のホウイチたちを救い出すため、木天蓼大使館に乗り込む銀時ら。
「ホウイチ殿には悪いが俺も 猫のまま生きるつもりも
 猫のまま死ぬつもりもない 侍として生き 侍として死ぬ」

「猫のまま生きるつもりも~」 といったん突き放しておいて、
「侍として生き~」 とホウイチのために戦う姿勢を見せるヅラ。
ツ… ツンデレだとォォォォォ!!

「猫だろうとゴリラだろうと関係ない 友がために戦う それが侍だ」
一瞬だけ人間の姿の3人が見える演出が泣ける…。

「そういう問題ではなかろう!!」、「俺が困るわ」、
「死ぬぅぅ!! 頭出す前に貴様らに殺されるぅ!!」

このシリーズでは、ヅラがツッコんだり、ピンチに陥ったときに慌てたりと、
なかなか貴重なシーンが見られます。
ツッコミに関しては、初期のころはたまにツッコむこともあったのに、
今では他を圧倒するボケっぷりなので、すごく意外な感じがしました。

銀時の尻尾をビームサーベル風に扱う桂。
このときのポーズも無駄にかっこよくてイラッとくる。


今週は、第二百七十六訓の18ページの3コマ目から
第二百七十八訓の13ページの2コマ目まで。
できればもう少し丁寧に原作のセリフをなぞってほしいところ。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2010/03/21/Sun 15:15
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。