銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2010年15号 銀魂感想
第三百訓 墓場で暴れるのは幽霊だけでない

エリザベスの中の人のTwitterとの付き合い方が難しい。
いちおう非公式らしいですが、とはいえ関係者の、
それも劇場版の監督さんのつぶやきである以上、半ば公式のようなもの。
ただ、高松さんがおっしゃるには、あくまでも 「非公式」 だそうなんですね。
いろいろな情報が日々更新されて、でも 「これは非公式だからね。」 と言われると、
どう受け止めてよいのやら。わざとではないにせよ、閲覧者を惑わすような発言が
何度かあったようで、それに振り回された方もいたようです。
この件に関しては監督自身も悩まれてるようですね。Twitterって難しい。

上記のTwitterの件に加えて、公式サイトの更新が遅いという問題もあるらしく、
情報が錯綜しているようで、マメなファンの方はさらに混乱されているみたいです。
なんだか劇場版関連の動きが、今ひとつ上手くいってない感じが…。
とにかく、無事に劇場版が公開されることを願います。

『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』公開記念 
池袋ではやっぱ銀魂が一番人気 銀魂池袋ジャック!

池袋では銀魂が一番人気があるということの何か裏付け的なものが
あるのかなあ、などと思っていたんですが、なんのことはない、たぶん、
「売店ではやっぱコロッケパンが一番人気」 のパロディなんですね。

コンビニ限定!! 前売り券好評発売中!!
ファミリーマートとサークルK・サンクスにて。

駅をまわってグッズを当てよう! 『銀魂』交通タイアップ情報!!
京成電鉄と京都市交通局にて。


JC33巻は4月2日発売!!
今度の表紙は誰かな? 晴明&道満?

4月5日(月)18:00よりTVアニメ銀魂の特選放送開始!!TV東京系にて!!
4月に始まっていつまで続くんでしょうか?


辰五郎さんは岡っ引きだったのか。街を護るためにヤクザの凶弾に倒れた…?

「ただの 私の家族さ」
先週、みんなで焼肉を食べに行くところなんて家族そのものでしたが、
お登勢さんもそう思ってたんですねえ。
過去に、キャサリンとたまをそれぞれ娘だと思っている、という発言はありましたが、
万事屋3人もお登勢さんからすれば、息子が2人と1匹、
そしてが娘1人みたいな感じだったんでしょうか。

血を流して夫の墓に寄りかかるお登勢。
え…ええええええええ!?
先週、心配ないさ~、みたいな感想書いたばっかなのに…!
まだ死んだと決まったわけじゃないし、『銀魂』 はお登勢さんを死なす
漫画じゃないと私は思ってるんですが、一体どうなるんでしょう。

銀時VS次郎長。
12ページ目の1コマ目、切り絵みたいな描き方で、
銀さんのキレっぷりがよく出てると思います。
キャラのポーズやアングルも以前に比べて工夫されていて、
バトル描写があるたびに、その迫力が増している気がします。

銀さんの木刀、今までに折れたことあったっけ!?
だって銀さんの木刀は妖刀 「星砕」 なんでしょ…?
岩だろーが隕石だろーが舞蹴の筋肉だろーがブッ壊せる
スゲー木刀だって舞蹴と魔理里鈴が宣伝してたあの…。それが折れちゃうわけ?
でもこの木刀のテレビ通販の回では、ラストで神楽ちゃんに折られてたからなあ…。
ということは、少なくともギャグパートでは折れる代物なんですよね。
これでシリアスパートでも折れてるシーンがあれば、
スゲー木刀という設定は生かされてないってことですが、
折れたことがあったかどうか覚えてないや。

「だが攘夷しょっぱなの激戦をくぐり抜けてきた俺達の世代じゃ
 てめェ程度の奴ァゴロゴロいたぜ」

あ、そうなんですか!?
なんか勝手に銀さんは作中最高レベルの戦闘力の持ち主だと思ってました。

「消えな番犬(わんころ)
 もうここにはてめーの護るべき主人(モン)は何もねェよ」

銀さんにとって、そして 『銀魂』 にとって、
最重要ワードといっても差し支えないであろう 「護る」。
かつて金貸しの天人(第一訓)や、仲間の亡霊(第十三訓)、河上万斉らに
「護るべきものはない」 と否定されたことがありましたが、
その都度銀さんは銀さんなりの答えを述べているんですね。
なのに今回は、次郎長の力に圧されてに反論も反撃もできないまま倒れてしまった。
天人でも特殊な武器を持った相手でもない男相手に、ここまでされるとは。
ところで 「番犬(わんころ)」 という単語からは、吉原炎上編で晴太に
「敗者(まけいぬ)にさせないでくれ」 と言っていた様子が連想されます。
可能性は低い気もするけど、もしかしたら空知先生は、
「いぬ」 という単語も意識してセリフに組み込んでいたりして。

先週チラッと、もしかしたら銀さんの過去編的なものが見られるのかなー、と
思ったんですが、まさかこんな形で描かれるとは思いませんでした。
銀さんとお登勢さん、2人ともが瀕死の状態だなんて…。
しかしこうなるとこのシリーズは、かぶき町大戦争編であり、
お登勢を掘り下げる話でもあり、銀さんの過去編でもある…?
思えば月詠と地雷亜が主役の紅蜘蛛編でも銀さんの過去が少し描かれたので、
クライマックスまでは銀さんの過去は、紅蜘蛛編や今回のように、他の長編に
紛れ込ませる形で小出しにしていくスタイルを取っているということかも。
…とここまで書いて気づいたけど、よくよく考えれば銀さんの過去は、
今週再び描かれたお登勢さんとの出会いや、春雨に新八&神楽が拉致られる回、
お祭り(高杉初登場)の回、紅桜編などで、何度も小出しにされてきたんだっけか。

今週は、ラストの 「…… バーさん」 まで、銀さんが一言も発していません。
普段なら、説教のひとつふたつかましているところなのに。
お登勢さんが刺されたことに対する怒りと、次郎長の驚異的な強さ、
2つの意味であの銀さんが普段通りでいられない状況にあった、
ということがよく伝わってきました。


巻末コメント
仕事、前倒しでやってたのに一瞬で元どおり修羅場です。
神よ我に力を!!                 <英秋>

銀魂の順位の変動はそのせいかー。
今のところはそんなに連載が続くかどうか心配しなくてもよさそう。

        
コメント

管理人にのみ表示

銀魂の中でまだ明らかになってないことをちょっとまとめてみました。
1.最後の傭兵三大部族 「辰羅」の詳細
2.陸奥のフルネーム
3.神山のフルネーム
4.春雨の元老がどんな奴らなのか
5.神威や万斉のいう「幕府中央」、「中央暗部」とは天導衆のことなのか。
6.似蔵の安否
7.松陽先生が亡くなった経緯、素顔、どういう人物だったのか
8.松陽先生から貰った刀を今も持っているのか
9.辰五郎さんの素顔
こんな感じです。あと気になるのはダークサイドに位置する鬼兵隊・春雨・天導衆が今後どういう動きを見せるのかってことです。時間があったら感想をお願いします。
yuuya | URL | 2010/03/19/Fri 12:09 [EDIT]
yuunaさんへ
2、3以外の謎は、1つにつながっているんじゃないかと思います。
鬼兵隊や春雨との戦いを描く長編ストーリーの中で
徐々に明らかになっていくんじゃないでしょうか。
エンゼルパイ | URL | 2010/03/23/Tue 23:17 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。