銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
週刊少年ジャンプ2007年48号 銀魂感想
第百八十七訓 一度取った皿は戻さない

待ってましたよ、こんな話を! キャラ大集合の話はワクワクします。

回転寿司の店で修行し、店を任せてもらえるまでになった長谷川さん。
すごいじゃないですか!!
まさにマダオ (マジで 脱サラに成功した 男) ですよ!
脱サラっていうかリストラだけど。

今日はそんなマダオのおごりで寿司食べ放題!

「何食べよっかな~」
カワエエ。普段アルアル口調だからこういうしゃべり方は新鮮な響きが。

「神楽ちゃん 一緒に食べよっか」
姉上のフツーの18歳の女の子っぽいセリフになんだかキュンとくる。
だっていつも貫禄たっぷりだものね、アネゴは。

おっ 次もカッパ巻き 次も、次も、その次も…。
「沙悟浄かァァァァァ 俺達はァァ!?」
例えツッコミ上手いな~、銀さん。
さりげに新八も参加してました。グーはイカンよグーは。
ぱっつぁんがこんな暴力的なツッコミするのも珍しい気が。

長谷川さんが親方から店を預からせてもらったというのはウソだったようです。
事故って入院した親方の代わりとして店に出ているだけ。

「こんなんじゃ ここは マダオ (まるでダメなお寿司屋) になりさがっちまう!!」
誰がうまいこと言えと(笑)

壊れた寿司マシーンをたまに見てもらおうとお登勢さん。
わーい、たまさんだー!
これからはお登勢さんやキャサリンが登場するときは一緒のとこを見れるのかな。
たまには機械と対話して故障原因を探り修理することができるという
能力が備わっているらしいです。
辺りの景色が会社の屋上に様変わり。
合コンやバレンタインの話のときもこんなのがありましたね。
イメージ映像が現実世界と入れ替わるこの手法はもはや空知先生の十八番。
それにしてもたまはいいキャラになったなあ(笑) すっかりギャグ要員。

接客はお登勢&キャサリンに任せ、残りの面々は店の奥で準備を始める。
お手本を見せる長谷川さん。
シャリを握り → わさびを付け→ ネタ (マグロ) を乗せる → ひと握り → カッパ巻き
なんでだよォォォォォ!!

雰囲気は伝わったから今度は私がやってみるわとお妙さん。
シャリを握り → わさびを付け → ネタを乗せて → ひと握り → かわいそうなごはん
だからなんでだよォォォォ!!

素人は欲を出さずに、とにかく形を繕えばいいんだよと銀さん。
シャリを握り → (省略) → パフェ
イヤだからなんでなんだよォォォォ!! 奇跡!?

スゲーよアンタら!(笑) 現代の錬金術師だよ!
長谷川さん、落ち込むことないですよ。魔法の手のひらを持ってるんだから。
3人揃ってマジシャンへの転職をお奨めします。
でもなんで長谷川さんはカッパ巻き作れるのに鉄火巻きは作れないの?

力作の焼きおにぎりを焼死体とバカにされて、銀さんの髪をひっつかむお妙さん。
なんですか、痴話げんか? いつもならボコボコにしてるのに。

神楽ちゃんも握りに挑戦。
おおっ、上手にできてる! …いや、デケーーー!!(笑)

私にお任せください、とたまさん。
なぜだか亀の産卵を思い起こしました。見た目は悪いけどスゴイ高性能ですね。

たまさんが体内で調理した寿司は奇跡を起こし、店には長蛇の列が。
食材が尽きかけ、せっかくの出世のチャンスをまた棒に振るハメになるのか、
と悔しがる長谷川さんに、銀さんは言います。
「それまで俺達が この場もたせてみせる 早く いけェェ!!」

そのころ店内には… 近藤さん&土方さん!!
待ってましたキャッホォォォォォ!!
夏休み特別編の最終話と登場の仕方が似てるけど
そんなの関係ねえキャッホォォォォォ!!

「ガセだったかね」 すっごく土方さんらしいよ、この言い方!
世慣れた、ちょっとくたびれたオッさんっぽい雰囲気!

「やめろトシ メシくらいおだやかにくわせろ」
これまでは、近藤さんが恥ずかしい行動を取って土方さんを呆れさせる、っていう
関係が描かれてたけど、けっこう土方さんも近藤さんに迷惑かけてるのかも。

土方さんのご注文はカレイの縁側。
渋い味覚をお持ちで。シャコとか赤貝も好きかもしれない。
私はハマチとかカンパチとかピンクっぽい身の魚が好きです。
ウニやイカや貝類は苦手です。

カレイの縁側を頼んだはずなのに、流れてきたのは縁側のカレー。
アレひょっとして土方さんが頼んだやつじゃ?
「いや違うだろ 俺が頼んだのはカレイの縁側だ 魚のひれの基部の肉のことだ
なんでそんな辞書的な説明を…(笑) 真面目な土方さんらしい、のかな…?
なんか面白かったですコレ。

「いや 違う違う 俺のはカレイの縁側だからね」
手ェふりふりしてるゥ! なにこれこれなにカワイイよぅ!

俺のエビはまだか、と近藤さん。
近藤さんはエビ好きかあ。玉子やトロも好きとみた。

流れてきたのは… ダレ!?
「………オイ アレ 三代目 海老蔵じゃねーのか」
う~ん、コレは難易度高かったですよ、空知先生。
ていうか海老蔵なんてどうやって食べろっていうんですか。
いやそもそもどうやって海老蔵を調達してきたんですか。

「オイ もう帰ろうぜ 気持ちワリーよ」
そっか、気持ちワルイか…。帰っちゃうのかあ…。
こんな珍風景、滅多に拝めるものじゃないし、もうちょっと様子見てもいいのに。
私だったらベルトコンベアに乗って流れてくる変な寿司ネタを一通りチェックして、
土方さんがそれにツッコんでるのを向かいで眺めてる。
ああもう土方さんとお寿司屋さん行きたい。寿司屋じゃなくてもなんでもいい。

海老蔵カレーもって来たァァ!!
店は大騒ぎに。
「俺 し~らね」 銀魂では珍しい雰囲気のモノローグです。

マグロ漁に励む長谷川さんで締め。これはどこの海ですか?
やっぱり マグロ だったら 大間産 だね。食べたことないけど。

ちょっと微妙な終わり方だけど、これは次週に続くのかな?
いやでもこのエピソード今週で終わりかもしれないな~。
ザキの潜入捜査の話を読み終わった時と同じ感覚。

銀魂は基本的には会話の応酬で楽しませる漫画だと思うんですが、
今週の銀魂は少し変わった趣向で来たなあ、と感じました。
コメディ、シリアスを問わず、ミツバ編の辺りから作風が変わったというか
バリエーションが増えたような気がするんですが、空知先生がいろいろ
実験されてる時期なのかもしれない、なんてことをぼんやりと思いました。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

第百八十七訓 一度取った皿は戻さない
最低でも今年いっぱいは走り書きが仕様になりそうです。あちきも寿司食いてぇよ 第百八十七訓バイトなのに回転寿司店を任されてしまった長谷川さん。窮地の彼を助けるために、万事屋銀ちゃんが人肌脱ぐ!しかし万事屋に任せておいて事が上手く運ぶ訳がないのだった!うっわ  [続きを読む]
昇月堂(銀) 2007/11/01/Thu 10:33
第百八十七訓『一度取った皿は戻さない』感想
  きょうのツッコマブル銀さん~←「きょうのわんこ」風にあははははは(゚口゚)←真顔いつぞやの表紙の通り、銀時―土方神楽―近藤新八―山崎で髪型チェンジ。(え?ザキ?当然画面から切れてますが何か?)しかぁ~し!!沖田は定春・・・のパーツがないので、しかたなく..  [続きを読む]
ねじヲ@試行錯誤中 2007/11/02/Fri 13:03
© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。