銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
あーっ それは乗っちゃダメだからね!!                    ぼくが気に入った人しか乗せないんだ!!
『いぬまるだしっ』 にて、主人公のいぬまるくんがいつも乗っている
犬型四輪車 「いぬまろくん」。
「あーっ それは乗っちゃダメだからね!! 
    ぼくが気に入った人しか乗せないんだ!!」

といういぬまるくんのセリフからすると、誰も乗せないわけでもなく、
誰でも乗せてあげるわけでもなく、自分が気に入った人のみ乗せる、
といういぬまるくんなりのルールがあるようです。

というわけで、 「いぬまろくん」 に乗ったことのあるキャラクターの一覧です。

名前の後に(?)を付けているのは誰か判別しづらかったキャラです。
たぶん合っていると思いますが、一応。

便宜的に、いぬまるくんが普段乗っている四輪車を 「いぬまろくんカー」、
幼稚園のプールで使っていたフロートタイプのものを 「いぬまろくんボート」 とします。

☆いぬまろくんカー
[本編]
りゅういちくん (第1巻 第7回①②)
竹千代くん、たまこ先生 (第3巻 表紙カバーイラスト)
山田琥太郎 (第4巻 第56回)
チョーコ、すずめちゃん (第5巻 第70回)
チョーコ、すずめちゃん、けんたくん(?) (第5巻 第71回)
フゥコ (第5巻 第71回)
りゅういちくん (第5巻 第74回)
山田琥太郎 (第6巻 第83回)
キャディさん (第9巻 第137回)
天童久美子 (第10巻 第150回)
山田琥太郎 (第10巻 第161回)
足をくじいたおじいちゃん (第10巻 第161回)

・乗せてもらえなかった人
謎の園児 (第4巻 第58回)
フゥコ (第5巻 第70回)→第71回では乗せてもらえている

※第9巻の第142回に、いぬまるくんがグレるエピソードがあり、
 このときいぬまろくんカーの眉毛は点々になり、目にはサングラスを掛けている


☆いぬまろくんボート
けんたくん(?)、ひろくん(?)、すずめちゃん、ふとしくん (第3巻 第46回)


☆その他のグッズ
・いぬまろくんあったか着ぐるみパジャマ(第1巻 第5回)
いぬまろくんシリーズの1つらしい。
幼稚園にはいぬまるくんを大人しく寝かしつけるために用意してある。

・いぬまろくんストラップ(第7巻 第104回)
超超超超チョコドッグキャンペーンの景品。1000名様に当たるようだ。
浅野犬壱はこれと間違えて、タモさんストラップをたまこ先生に渡していた。

・いぬまろくんうきわ(第9巻 第141回)
いぬまるくんが海で使いかけたが台風直撃により使用できなかった。

・いぬまろくんネックレス(第10巻 第150回)
この世に4000個しかないネックレス。
たまこ先生、園長先生、みなみ先生、いなご先生、テンクミ先生がもらっている
シーンが描かれている。


こうしてみると、目立つのはりゅういちくんとたまこ先生のお兄ちゃんでしょうか。
この2人は、複数回いぬまるくんとタンデムしています。
いぬまるくんといつも仲良しのけんたくん、モッちゃん、ひろくんの3人や、
いぬまるくんが懐いているたまこ先生、ガールフレンドのすずめちゃんあたりは
もっともっと本編でいぬまろくんカーに乗っていてもよさそうな気がします。

他にも園長先生、みなみ先生、鳥居くんなどは一度も乗っていませんが、
このあたりのキャラも乗った経験があってもよいのでは?

逆に、たまこ先生とみなみ先生が2人の実習生に振り回される前後編のお話で、
前編の時点でチョーコがいぬまろくんカーに乗せてもらえていたのは意外でした。
フゥコと同じく、後編で心を入れ替えてから乗せてもらう展開じゃないのか、って。
幼稚園教諭としてどうこうではなく、人として気が合ったから乗せたのかな。

1つ気になるのは、幼稚園でいぬまろくんカーに乗っているシーンがあること。
いぬまるくんはバス通園なので、いぬまろくんカーで通園しているわけではないのに。
幼稚園に置きっぱなし? でも休日に乗ってることがあるし、どうなってるんだろ。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。