銀魂狂(ぎんたまにあ)が綴る、銀魂感想中心ブログ。


                  エンゼルパイの海
                                                                (/ vol.)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
page top
ハム子じゃないから公子だから!
ハム子もとい公子の父親は、娘の捜索を万事屋に依頼した際にこう言っていました。

「我が家は幕府開府以来徳川家に仕えてきた由緒正しき家柄」
                              (第二巻 第十二訓)

ハム子の家は柳生家と同じく、徳川家に関わる名家なんですね。
だからひょっとしたら、幕府だの天導衆だの春雨だのといった、
銀魂のシリアス路線のエピソードに登場することがあるかもしれません。
そのエピソードで、再びハム子が恐ろしい事件に巻き込まれたりして…。
どんな事件かというと、そうですね例えば…、なにか…こう巨大な…
ハムをつくる機械とかに巻き込まれている可能性が…。

話は変わりますがハム子の名字ってなんでしょう? ちょっと予想してみましょう。
日本、伊藤、プリマ、丸大、ロース、ボンレス、ソーセージ…、このへんが堅い。
カタカナ語の場合は、富利間(プリマ)、楼洲(ロース)、梵麗須(ボンレス)、
創聖寺(ソーセ-ジ)などと適当に当て字がしてあると思います。
ハム子のキャラを考えると、不利馬(プリマ)、漏酢(ロース)、
煩霊巣(ボンレス)、騒静痔(ソーセージ)などの
嫌な感じの漢字を当てる可能性もありますね。私は伊藤に1票。

        
コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エンゼルパイの海. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。